貧乏症

ステンレスボトルを買いました。 結構、水やお茶を飲みます。これまでずっと、通勤途中のコンビニで2Lのペットボトルの水を買っていたのだけれど、運ぶのも重いし、経済的でもないから、そろそろやめようかと思っていたのです。スーパーで麦茶のティーバッ…

YAMAZAKI!

今や世界的ブランドになったジャパニーズウイスキー山崎が生み出される聖地である。 10年程前に何度か山崎ウイスキー工場見学に伺ったものだ。とても豊かで楽しい時間を体験できる工場見学だった。だが、最近工場見学に行った知人から聞くとそのサービスはこ…

今日の一冊

「ビブリア古書堂の事件手帖6」三上延 著 メディアワークス文庫(9点) 1巻を読んだ時の驚きは忘れられない。依頼者・五浦大輔の祖母が残した夏目漱石の古書に隠された謎を、主人公・栞子さんが軽やかに解決する。古書そのものにまつわる謎に加え、五浦大…

今日の日本酒

山田錦 純米大吟醸 雑賀(さいか)(和歌山県紀の川市/株式会社九重雜賀/7点) https://www.kokonoesaika.co.jp/ 目を引くジャケットデザインは三本足の八咫烏。八咫烏といえば熊野本宮大社の主祭神のお仕え。熊野本宮大社と言えば和歌山県。....というこ…

今日の語録

「 自信モテ生キヨ 生キトシ生クルモノ スベテ コレ 罪ノ子ナレバ 」(太宰治)

めぐりめぐる。

部屋を片付けていたら何とも懐かしい新人時代の研修日誌が出てきた。 当時いろいろな資料や本を頂いた記憶があるが、今やほとんど残ってはいない。そういう意味でもこの日誌は自分史を語る上で、とても貴重な資料である。 絵日記である。1ヵ月ほどの研修中、…

今日の一冊

「ビブリア古書堂の事件手帖5」三上延 著 メディアワークス文庫(8点) 寺山修二の書籍を巡っての母からの難題に栞子さんが挑むなど、ラスボスともいえる栞子さんの母との絡みが一層濃厚になってきます。 また、メインキャラクターたちが紡ぐ本編の面白さ…

夢十夜 Season4 第三夜

こんな夢を見た。 夜行バスに乗っていた。夜行バスは深夜の高速道路を、延々と走り続けている。車内は真っ暗だったが、荷棚のあたりに設置されたディスプレイが煌々と光っていて、なにかの映画の予告編が流されていた。二人の青年が出会い、切磋琢磨しながら…

今日のカレー

カレーハウス11 イマサ 「ジャ~マンでぇ~す」 気の抜けた、かったるそうな声が店内に響く。 新宿西口地下にあるカレー店「イマサ」である。昨今世間を騒がせているスパイスの効いた挑戦的・前衛的なカレーとは異なり、ベーシックでシンプルなカレーの店…

個展中止のお詫び

2011年から毎年恒例で実施して参りました個展について、 諸々の事情により、 本年度は残念ながら開催を辞退させていただくことと決定しました。 応援していただいた皆様の期待に応えることができず大変申し訳ございません。 来年度は、本年度の分も含め、一…

今日の日本酒

純米 洌(れつ)(山形県米沢市/株式会社小嶋総本店/8点) https://www.sake-toko.co.jp/ 洌=きよく冷たきこと。とあります。すっと甘めの味わいが入ってきたあと、ジワリとからみがやってきます。説明にあるように清らかに冷えた雪解け水のような緊張感…

今日の一冊

「ビブリア古書堂の事件手帖4」三上延 著 メディアワークス文庫(8点) 江戸川乱歩、そしてシリーズ初の長編。読み応えがありました。資産家の家に隠されていた江戸川乱歩の貴重なコレクションと、閉じられた箱の秘密。江戸川乱歩作品の薀蓄に並行した、栞…

今日の語録

「うつし世は夢 夜の夢こそまこと」(江戸川乱歩)

今日の一冊

「ビブリア古書堂の事件手帖 3」三上延 著 メディアワークス文庫(9点) 1、2巻のような古書について1つずつ事件を解決していくフォーマットは変わらないものの、次第に主人公・栞子さんの家族についての謎が全体を覆うようになって来る。 個々のストー…

夢十夜 Season4 第二夜

こんな夢をみた。 幕張メッセか、東京ドームのような巨大な会場で「自由研究大博覧会」なるイベントが開催されている。 学生やら社会人の、個人やグループが研究してきた成果を発表、販売している。 個々のブースはあたかもカルチェラタンのように集まり入り…

永い言い訳

「キーボードたたくの速いね」と言われることがあります。 確かに速いのかも知れません。 でも大したことではありません。 むしろキーボードをたたくのが速いのは僕にとっての「いいわけ」で、恥ずべきこと。なのです。 優秀な人たちは、キーボードをそんな…

今日の漫画 「富永一郎に会いに」(8)

今日の漫画 「富永一郎に会いに」(7)

今日の漫画 「富永一郎に会いに」(6)

今日の漫画 「富永一郎に会いに」(5)

今日の漫画 「富永一郎に会いに」(4)

今日の漫画 「富永一郎に会いに」(3)

今日の漫画 「富永一郎に会いに」(2)

今日の漫画 「富永一郎に会いに」(1)

2019GW企画予告

部屋を掃除していたら、なんとも懐かしい、大学生時代に描いた漫画が発掘されました。 なんとも稚拙なエッセー漫画でしたが、学業をそっちのけで漫画に没頭していた若さを思い出して苦笑いしてしまいました。 漫画もね、まだ描いてみたいという気持ちはある…

今日の語録

今日のカレー

お出汁とスパイス 元祖エレクトロニカレー(9点) FM802で西田新が美味い美味いと言っていたのを耳にして、早速足を運んでみた。 京橋と桜橋の間のお店も少なくなった大きな車道と線路の交差する位置に、その小さなお店はあった。京橋からは15分ほど歩く。…

今日の一冊

「ヤバいほど日本語知らないんだけど」 前田安正著 朝日新聞出版 1.議論が煮詰まってきたので、そろそろ結論が出るだろう。 2.議論が煮詰まってきたので、そろそろ休憩しよう。 どちらが正しい使い方? 図書館の新刊コーナーに並んでいて何となく手に取…

ごみよ、さらば。(後編)

書棚や自転車に加え、家電もいくつか処分した。 炊飯器、オーブントースター、電子レンジである。 故障などしておらず、まだまだ今後10年は現役で活躍できると感じるほど、元気に稼働していた。 15年以上使っていたこともあって、家族のような愛着がいつ…

ごみよ、さらば。(前編)

「あ、ゴミ捨て場にそのまま置いといてください。 持っていきますんで。」 なんと男前なご回答....。思わずうっとりと、ため息が漏れた。 15年使っていた書棚、自転車、家電たちを処分することにしたのだ。 粗大ごみであるが、特に書棚は幅2m×高さ1.5…