一汁一菜ノート

一汁一菜をつづけている。 米を炊き、冷蔵庫の中にあるものを鍋に放り込んで味噌汁を作る。 ただ、それだけである。時には納豆や惣菜を添えたり、魚も焼く。 シンプルなのに飽きることが無い。 始めてから5年くらいになるだろうか。 最近「一汁一菜ノート」…

炊き立て愛

帰宅するとまず、米を炊く。 毎日必ず、半合の米を炊く。 炊き立てのご飯が好きだ。 炊き立てのご飯が大好きだ。 30分水に浸け、45分間炊く。 ぼくはプロのような美味しい料理はつくれない。 でも米を炊くことは、あまりプロとも、 大きな差がつかない程度に…

今日のゲーム

PS4「DETROIT: BECOME HUMAN」 Quantic Dream(9点) ※(注)ネタバレ含みます※ 「おもしろい」というより「すごい」。 よくこれほどの作品を「ゲーム」として世に出したものだと。 「ゲーム」という表現手段が「映画」に対等か、それ以上の娯楽になる…

レジスタンス

絵を描くという行為は、なんだろうか。 音楽を奏でるという行為は、なんだろうか。 写真を撮るという行為は、なんだろうか。 ものをつくるという行為は、なんだろうか。 流れるように過ぎ去っていく時間たち。 なんとなく消えていってしまう時間への不安に対…

夢十夜 Season3 第六夜

こんな夢を見た。 そろそろ新しい100号の絵の制作にかかろうと思っている。 だが、以前部屋にあったはずのキャンバスがごっそりとなくなっている。どこへ行ってしまったのだろう。大して広い部屋でもない。なくなるはずがない。そこに、来客があった。父親と…

今日の日本酒

富久長 ひやおろし 純米吟醸 秋櫻こすもす(広島県東広島市/株式会社今田酒造本店/8点) 富久長 日本酒に秋の旬があることをあまり知りませんでした。 「ひやおろし」は、秋にしか飲めないお酒。春先に出来上がった日本酒に1回火入れし、暑い夏の間涼し…

i-Camera!i-Camera!i-Camera! [後編]

「まずは胃の活動を止める注射を打ちます。」 診察室に入るや否や、一本目の注射が肩に打ちこまれた。しばらくベッドに横になっていてください。と指示を受け、ごろんと横になる。 病院は混んでいた。胃腸の診察以外にリハビリ等の患者が次々とやってくる。…

i-Camera!i-Camera!i-Camera! [前編]

「逃げちゃだめだ。逃げちゃだめだ。逃げちゃだめだ.....!」 夏からずっと続く胃の不調が一向に良くならなくて、ついに胃腸科に行ったんです。市販の薬も付け焼刃でしかなくて、せめてちゃんと効く薬でも処方してもらえれば。くらいのつもりで行ったんだけ…

真夜中の哲学

毎日なにか頭の中にあることを書き続ける。 簡単なようでいて意外と続けるのは難しい。 言葉があふれだす日もあれば、 言葉が全く出てこない日もある。 言葉が全く出てこなくても、なんとしても書かなくてはいけない。としたら。 そこに、アマチュアとプロフ…

続・いいものを1つ

茨木市立文化博物館で開催中の総持寺の宝物を紹介する展覧会を見学した。 文化博物館といったような施設は、どこの市や町にもあります。たいてい、その地で掘り出された土器やら、農民たちが使っていた農具やらが展示されたりしている。市が文化になけなしの…

異国の居酒屋

天満で一杯いただいた。 路地裏を入った奥にあるひっそりと小さな居酒屋だった。 小さな店に入るときの不安のひとつに「客がいなかったら...」ということがあろう。いくらおいしくても、初めて行く店で自分一人、大将と向かい合って、じっとりと呑む展開は、…

今日の一冊

「父からの手紙」小杉健治著 光文社文庫(9点) 二つの家族の物語が交互に描かれていく。 離婚以来、毎年手紙を送ってくる父はどこにいるのか。 兄はなぜ焼身自殺を図ったのか。 結婚を予定していた男は誰に殺されたのか。 平行線と思われたそれぞれの家族…

今日の日本酒 ~番外編~

★SAPPORO那須工場発 クラフトビール 空模様シリーズ この夏に那須の旅先で手に入れたビールです。那須の工場で作ったサッポロビール発のクラフトビール。 那須という場所が御用邸からはじまって、日本国民にとっての大いなるブランドであることを、このクラ…

いいものを1つ

ふたつの居酒屋に訪れました。 ひとつは、100種類もの銘酒がガッツリと揃えられたお店。 ひとつは、種類はそれほどでもないけれど、アッと驚く希少な銘柄を紹介する店。 両方とも、ほんとうに良いお店でした。だけどね、ぼくは後者のお店がとても気に入った…

魂の叫び

「なまけるなよ!!」 ほぼ日手帳を開いたら、すみっこに書いてあった言葉です。この春の個展の追い込みには、本当に懲りたのです。いつも直前になって、なんで時間があるときにきっちり準備しておかなかったのだ!!と頭をかかえるのです。例年9月末に二紀…

ハロウィン論

ハロウィン。 年々規模が膨れ上がっていってますね。 今までは傍観しているだけでしたが、このたび、奇しくもハロウィンイブイブイブイブ?に渋谷で飲む機会があって、ちょっとだけハロウィン気分に触れることが出来ました。たくさんの人がコスプレしていて…

夢十夜 Season3 第五夜

こんな夢をみた。 30年ぶりに叔母にあった。いとこのほうちゃんとたっちゃんも一緒だ。叔母もいとこも30年前のままだ。通りに作られたオープンテラスのテーブルに4人で座った。人通りも多く、なかなか賑やかな通りだ。京都の三条通にある京都文化博物館の界…

ゲームセンターCX 15周年!!

ゲームセンターCX15周年感謝祭 有野の生挑戦を観戦。 もしかしたら有野課長とはこれから一生を共に生きていくのではないか。 そんな気すらした、まさに2018年を象徴する大興奮のイベントだった。 15年前、職場の後輩が「面白いっす」と絶賛して薦めてくれた…

ハロウィン!

山手線飲み会をはじめよう。 ぼくらにはまだまだ知らない街、知らない店がある。いきつけの居酒屋もいいけど、知らない駅、知らない街を歩いてまだ知らぬ名店に出会い、飲んでいこう!そう発案してスタートしたのが山手線飲み会であった。そしてその第一回目…

再出発

二紀本展が六本木の国立新美術館で開催中です。 応援、ご指導頂いている多くの方々から、いろいろな激励のことばをいただきましたが、とても喜んではいられない結果だったと猛省しています。 また来年に向けて再出発します。

今日の一冊

表紙に書かれているのは書店員の推薦文のみ。 「是非この本を読んでください」 でもタイトルは伏せられている。買うまでタイトルだけでなく、どんなジャンルの本なのかすらわからない。すべてを見えないようにして手に取ってもらおうという書店の工夫だった…

楽しく描く

「ちょっとお願いしたいことがあるんだけど」 ふだんあまり仕事での接点がない先輩に声をかけられた。なんだろうと思い、話を聞いてみると、職場のスポーツ大会の応援旗を描いてほしい。ということだった。 最近は、二紀展の出品が終わって、ちょっと呆けた…

今日の語録

日めくりカレンダーの言葉たち。□

ぶれない

足下を掘っている。毎日掘っている。 けれど、掘れど掘れど、埋蔵金は一向に出てこない。 隣でも誰かが足下を掘っている。 掘り出した土の中にキラキラと金が溢れているのが見えた。 その途端、隣の金から目が離せなくなる。 今の足元を掘ることがばかばかし…

今日の一冊

「噂」 萩原浩 著 新潮文庫 「えっ!と思わず声が出る衝撃のラスト1行」 17年前に初版された本が今、書店で平積みになっている。本が売れないといわれる時代で、書店側も傑作を埋もれさせないようにすることに頑張っているようです。その熱意をくんで、最近…

RINGO EXPO 2018

のぞみで東京を出発し、静岡でこだまに乗り換え掛川へ。JR東海道線に乗り換えて、愛野で下車。そこからさらに徒歩15分。愛野の改札を出て、舗装されたゆるやかな坂道をのぼっていく。後ろを振り返れば、はるか山々が駅を取り囲んでいる。同じ目的でぞろぞ…

今日の日本酒

金陵 煌(きらめき) 純米大吟醸(香川県琴平町/西の金陵株式会社/7点) 蔵元紹介:金陵の由来 | 日本酒、地酒の通販「清酒金陵」こんぴらさんの御神酒醸造元 高知といえば美丈夫。愛媛といえば石槌。では香川は?と問われたら。...........スミマセン、…

VEMEER!VERMEER!!VERMEER!!!

フェルメール! フェルメール!! フェルメール!!! 本屋に行けばフェルメールの本が山積みになっている。 2018年の大本命・フェルメール展が東京と大阪で開催されるのである。 世界に現存する作品がわずか35点とされるフェルメール作品のうち、なんと9点…

今を生きる

今の年齢を3で割ってください。 それが「自分の人生を1日に例えたとき、どのくらいの時間にあたるか」だそうです。 33歳ならば、11:00AM。 45歳ならば、15:00PM。 いつかのほぼ日手帳に書いてあった。 Life is very short! 毎日を大切に噛み締めて生きてい…

今日のゲーム「UNDERTALE」

悪いモンスターを倒して経験値とお金を手に入れる。そしてレベルを上げてまた強いモンスターに挑みながらラスボスを倒す。 ロールプレイングゲームの世界では完全懲悪は無意識の常識になっている。 主人公が経験値やお金を手に入れるための手段として、どう…