今日の一冊

「ABC殺人事件」アガサ・クリスティ著 堀内静子訳 ハヤカワ文庫(7点) 最近すっかりミステリ小説にはまっている僕ですが、そんな話をぽろりとアトリエの仲間に漏らしたら、 「私も大ファンでポアロ作品は全部DVDで持ってます!」 .....と返され、怯…

今日の語録(ことば)

今日の日本酒

寫樂 純米酒 無濾過生(福島県・会津若松市/宮泉銘醸株式会社/評価:10点) 二度目の寫樂です。 今回は生。 もう圧倒的に、う・ま・い!です。 合掌! 2017/4/30に飲んだ火入れ純米に増して美味い。 やっぱり寫樂は僕にとってのKing of Kingsです。 「純…

筆記具の王者

プラチナ社が100周年を迎えました。 デジタルの時代がやってきて、手で文字を書く人が激減する昨今であっても、今なお万年筆という「アナログの極東」が元気であることを誇らしく思います。 万年筆は、手に取るには中々のハードルを課す筆記具である。 気軽…

夢十夜 Season3 第十夜

こんな夢を見た。 父と二人で山奥に出かけて狸狩りをした。いきのいい狸を1匹捕まえることが出来たので、かばんに入れて居酒屋・福ちゃんに持って行った。大将に狸を渡して調理をお願いして、5,6人で満員になるカウンター席に座り、待つ。やがて、とてもい…

横綱引退

横綱・稀勢の里関の引退が発表された。 いつかは来ると、なんとなく覚悟していたことだったが、実際にその現実が目の前に現れたとき、まるで、手元にあった卵が滑り落ちて、くしゃっという小さな音を立てて割れてしまったような、そんな喪失感のようなものに…

MC

「作品」よりも「作家」を観たいのかもしれない。 「荒木飛呂彦原画展JOJO冒険の波紋」のクライマックスには、荒木飛呂彦先生が描き下ろす縦2メートルの12枚の巨大作品「裏切り者は常にいる」が待ち構えていた。 レオナルドダビンチの世界的名画「最…

今日の一冊

「探偵ガリレオ」 東野圭吾著 文藝春秋 テレビドラマ、映画で人気のあるガリレオシリーズの1作目。5編の短編集。不可解な科学現象が絡む殺人事件を、天才物理学者・湯川と刑事・草薙コンビが解決する。ミステリー要素に、謎の科学現象の解明を絡ませている…

街の灯

その日の居酒屋はとても静かだった。 カウンターだけの小さなお店だけど、料理や酒はとても美味しい。割烹風の日本料理を出してくれるのだが、祇園で同じような料理を食べたらきっと数万円はかかるだろう。そんなお店だから、地元では人気が高く、満席のこと…

今日の日本酒

MIYASAKA美山錦 しぼりたて生 Chajjenge with No.7(長野県諏訪市/宮坂醸造株式会社/10点) MIYASAKA みやさか | 宮坂醸造株式会社 雑誌の紹介で見た前衛的なジャケットが頭に残っていました。 いつもすごくゆっくり呑むので生酒はあまり呑めないのですが…

十日戎

「商売繁盛、笹もって恋っ、否来いっ」 初詣が終わるや否や、十日戎がやってきた。 いつもは静かな神社に太鼓の音と歌声が響き渡り、所狭しとにぎやかに屋台が並ぶ。「商売繁盛祈願しとかなっ!」というのは単なる口実で、結局はお祭りが大好きな僕なのであ…

夢十夜 Season3 第九夜

こんな夢を見た。 大学時代の漫画研究会の部室にいる。 少しずつ空が暗くなり始めている夕方。 部室には自分を含め、同期のシンイチローと名も知らない先輩との3人しか居ない。 部室に置かれた部員同士の連絡帳「まるが」に意味不明な落書きをした後、帰ろう…

振り返る。

昨年の「今」のほぼ日手帳を読み返しています。 ほんとうに面白いです。 ありありと昨年の今日がよみがえってきます。昨年の手帳を見返して、まるで昨日のことのように生き生きと去年を思い出せます。 これこそが、僕の最もやりたかったことです。 「誰かが…

深大寺

意外に小さいな。 それが第一印象だった。 東日本最古の白鳳仏、深大寺の国宝・釈迦如来倚像は僅か83cmほどの小柄なお姿で静かにたたずんでいた。 多くの如来は結跏趺坐や半跏思惟というお姿が多いが、両脚を前に出した、倚像(いぞう)という形態が珍しい。…

今日のゲーム

NintendoSwitch 「The Messenger」(10点) 「ゲームをやった」 胸を張ってそう断言できるゲームである。 こんな気持ちになれたのは正直、ファミコンやスーパーファミコンに没頭していた学生時代以来だったのではないか。 そうなのだ。この「The Messenger」…

試練と報酬

酒を呑み、温泉につかり、リゾートで腑抜ける。 そんなステキな正月でした。 いつまでもこんな毎日だったらなぁ....。と思うけれど、刹那、もしこんな日が続いたら腐って仕舞うだろうなぁ....。とも思います。 年末という山頂を目指して、あと少し、あと少し…

今日の日本酒

吟醸しぼりたて 豊祝(ほうしゅく) 生酒無濾過(奈良県奈良市今市町/奈良豊澤酒造株式会社/10点) 奈良豊澤酒造株式会社 素晴らしく美味い! うなりました。 2018年末の真・忘年会で鴨鍋と共にいただきました。真・忘年会という1年で最も解放される瞬間…

名湯論

温泉が大好きである。 温泉巡りをはじめてから、もう20年くらいになるだろうか。 北から南へ。東から西へ。実にいろいろな名湯を巡って来た。 でもその中でも印象に残った名湯は意外にも少ない。 僕の旅の場合、たいてい、旅館、温泉、食事がセットとなって…

夢十夜 Season3 第八夜

こんな夢を見た。 クイーン展が開催されることになり、設営にかり出された。 天保山ミュージアムのような海の見える広いホールが二部屋ある。 クイーンが愛用した楽器や、写真パネルなどを陳列していく。 仕事仲間のU氏やN氏も来ていた。 展示の目玉は、20メ…

2019初心表明

「怠けない」はやめます。 「怠けてもいい」にします。 年初早々に、なんだか不謹慎に聞こえるかも知れないけれど、怠けよう宣言ではありません。 怠けるべき時には怠けよう。ということです。 これまで、詰め込んで詰め込んでの生き方をしてきたけれど、ど…

5years Diary

2019年が始まり、新たに5年日記というやつを始めてみることにしました。 商店街の福引きで金券が当たったので少々お金を足して買ってみたのです。 と言いつつ、買ったのは実は2年ほどまえでした。 毎年何を書こうか決めかねていて中々始められなかったのです…

2019年開幕

あけましておめでとうございます。 2019年の開幕です。 ついに平成が終わります。 どのような1年になるでしょうか。 平和で楽しい1年となることを心より祈っております。 今年もSamuraiNoteを何卒よろしくお願い申し上げます。 新元号は「永愛」かなぁ…

もやテン2018

もやテン2018大発表!!今年もたくさん名作・名品に出会えました。 ◆ 映画 1位 「サウンドオブミュージック」 1位 「ボヘミアン・ラプソディ」 3位 「カメラを止めるな」 次点 「彼らが本気で編むときは」 「大魔神」 「バーフバリ」 「ハン・ソロ」 「万…

今日のせつない

2018年の終わりが迫っています。 この1年を振り返るのにふさわしい歌は何かと考えた時、ふと頭に浮かんだのが、松田聖子ちゃんの名曲「瑠璃色の地球」です。 「夜明けの来ない夜は無いさ あなたがポツリ言う」 最初のメロディに乗せられたこの言霊のすごさ…

真・忘年会

2018年も残すところ、あと数日となりました。 この1年、大変なことも楽しいこともいろいろあったけれど、ぱーっと呑んでぱーっと忘れよう。...ということで、忘年会のシーズンです。そこここで忘年会が催されています。 ぼくもご多分に漏れず、忘年会ラッシ…

エビデンス力

えびでんすか。ではありません。 えびでんすりょく。です。 100%、思い出せるようにしておく。 最近これがめちゃくちゃ大切であると、ますます強く身に沁み込んで来ています。 僕らはいつも、目の前に次々と現れるトラブルを乗り切ることに躍起になりが…

明石家サンタのクリスマスショー

毎年12/24~25にかけてのクリスマスの夜に、明石家さんまが「明石家サンタ」と称してクリスマス特番を放映している。 30年ほど続くクリスマス恒例の特番だからご存じの方も多いだろう。 どんなにクリスマスらしくないクリスマスを迎えたときだって、この番…

木下大サーカスとシルク・ド・ソレイユ

幾時代がありまして 茶色い戦争がありました 幾時代がありまして 冬は疾風吹きました 幾時代がありまして 今夜此処での一と殷盛り 今夜此処での一と殷盛り サーカス小屋は高い梁 そこに一つのブランコだ 見えるともないブランコだ 頭倒さに手を垂れて 汚れ木…

クリスマス雑感

メリー・クリスマス!! チコちゃんが「クリスマス・イブは、クリスマス・イブニングのこと~」と教えてくれました。正しくは、12/24の日没から12/25の日没をクリスマスと呼ぶそうです。なので、クリスマス・イブは「クリスマスの前日」という意味ではなくて…

野良犬時間

「犬みたい」と良く言われる。 ほとんど自覚は無かった。だけど、指摘されたことを改めて自分に当てはめてみると、確かに「僕は犬だ」と認めざるを得ない気がしてきている。 本屋をはしごするのが好きだ。ブックスタジオにふらりと立ち寄って、本を眺める。…