ご本尊

「MCは苦手です。しゃべるのが苦手なので音楽をやっています。」 ビルボード大阪での安藤裕子コンサート。 MCで彼女がつぶやいた言葉が印象に残った。 得意なことをお仕事にする。お仕事にできる。ということのすごさを改めて考えてしまう。 ファンは彼…

今日の一冊

「真実の10メートル手前」米澤穂信著 創元推理文庫(10点) 太刀洗万智女子がわからない。 彼女のそのわからない存在こそが、このシリーズの最大の魅力になっていると思う。 記者として、事件の真相を見極める鋭い知性と行動力を持ちながら、いわゆる名…

再配達の怪

自宅不在中に配達があって、再配達依頼票がポストに入っていた。 依頼票にかかれた再配達依頼のための電話番号に電話をかけた。 「オ問イ合ワセ番号ヲイレテクダサイ」 電話越しに機械的な声で再配達に必要な情報の入力を求められる。 順番に正しい番号を入…

今日のカレー

渡邊咖喱 元祖渡邊カリー¥1250 (10点) 美味い!! 圧倒的に美味い!! 堂島アバンザの筋向いを少し入ったところにあるビルの3階。ビルの入口に看板が出ているのですぐにわかった。バーのようなおしゃれな店内。厨房には3人のスタッフ。11:30を回ったこ…

2019流行語大賞

2019年の流行語大賞が発表された。 大賞は「ONE TEAM」。 今年はラグビーW杯日本大会から5つものことばがエントリーされていた。 あれだけのすごい戦いを見せつけられてラグビーをほとんどしらない「にわか」なぼくらを一気に熱狂の渦に巻き込んでしまった…

★素直

「やらなくていいことは、やらなくていいんだ」 そんな当たり前のことが、今更初めて体の中に沁みわたったように感じる。その瞬間、これまで自分を縛り付けたものが解ける音をはっきりと聞き、体感して、不思議なくらいに気持ちが落ち着いてしまった。もしか…

今日の日本酒

幕開・生原新酒 百十郎 白炎(岐阜県各務原市/(株)林本店/7点) 岐阜の蔵元林本店 岐阜の日本酒(百十郎・榮一など) 秋は新酒のシーズン。酒店の冷蔵庫の中には新酒がずらりと並ぶ。目移りしてしまい「これだ!」という一本を選ぶのにも大変な時間がか…

フラッシュバック

「おひとつ、どうぞー」 京都駅構内の土産もの店が集まる一角。 秋の観光客でごったがえす生八ッ橋売り場で商品を見ていたら、店員に声をかけられた。 抹茶、ニッキといった元祖に加え、チョコレートやイチゴ、柿といった新しい味が増えている。 すすめられ…

今日の一冊

「さよなら妖精」米澤穂信著 創元推理文庫(9点) すべてが完璧というわけではない。なんとなくミステリーとしてもう少し読みたいという気持ちもあるし、他愛もない仲間たちとのイベントの描写を少し長く感じたりもする。だけど、全体としてみたら、忘れら…

今日の語録

悲しみの果てに 何があるかなんて俺は知らない 見たこともないただ あなたの顔が 浮かんで消えるだろう 涙のあとには 涙があるはずさ誰かが言ってた 本当なんだろういつもの俺を 笑っちまうんだろう 部屋を飾ろう コーヒーを飲もう花を飾ってくれよ いつもの…

今日のカレー

旧ヤム鐡道 スパイスカレー2色 ¥920(税抜)(8点) 谷町六丁目にある「旧ヤム亭」のスピンオフ展開のお店(らしい)。LUCUA1100の地下2F。なんとも活気のある飲食店街の中にお店があります。 オープンな店内は「鐡道」というだけあって、列車の中を…

制作日記

姫路城でスケッチをした。 スケッチに出かけるのは久しぶりだった。天気は秋の風が吹く快晴で、まさにスケッチ日和であった。 スケッチがうまくいったかどうかはわからない。 だけど青空の下で目の前にある景色を写生していた間、ただ「描きたい」という気持…

暗示の力

「昆虫を大の苦手とする女性が、 それを馬鹿にする夫に復讐するために、 夫の苦手な蜘蛛を催眠術で得意にさせ、蜘蛛を食べさせる。」 以前、探偵ナイトスクープでそんな依頼を放映していた。 蜘蛛を夫に食べさせるという以前に、まずは妻の方が、蜘蛛はおろ…

今日の日本酒

十九 Goldener Bear 純米吟醸酒 蒸し燗火入れ長野県長野市/株式会社尾澤酒造場/7点 株式会社尾澤酒造場 なんともかわいいジャケットである。ジャケットは6種類もあるようです。無意識に手に取ったが6種類あるとわかっていたらもうちょっと見てみるのだっ…

雑草の花

雑草にも花が咲く。 当たり前のことであるが、僕らの多くはそんなことを忘れてしまっている。 桜や向日葵、コスモスのような誰もが知っている花には、スポットライトが当たるが、雑草にはスポットライトは当たらない。 大きかろうが、小さかろうが。 知られ…

もったいない

味噌汁は、具が多くて汁が少ないと美味しそうに見える。 味噌汁を作っていてふと、そんなふうに思った。手前味噌ではないが、自分の味噌汁はもちろんふつうに食べられ、美味いとは思うが、どうもプロのようにはいかないと思っていた。だが、それは見え方にも…

制作日記

「なんのために描くのか」 そう問われたとき、 「描きたいから描く」 そう答える。 だけど長く続けているうちに、ごみがつく。 「うまく描きたい」 「目立ちたい」 「ほめられたい」 そのうち、いったいなんのために描いているのかがわからなくなる。 15年…

夢十夜 Season4 第五夜

こんな夢を見た。 大きなプロジェクトの一員となり仕事をすすめているが、遅々として進まない。どうやら世界的な問題がボトルネックになっていて、それが解決されないことには作業が進められないようだ。なんとかならないかと先輩に相談すると、 「サミット…

今日の一冊

「頼子のために」 法月綸太郎著 講談社文庫(7点) 愛する娘を殺害され、犯人を追い詰め報復し、自分も自決する。という冒頭の大学教授の手記から始まり、事件はとんでもない結末を迎える。ミステリーとしての完成度はとても高い。 <以下、自分へのメモ ※…

★二つの寺

蟹満寺の国宝釈迦如来坐像を拝顔したとき、まず「大きいな」と感じた。むしろ「大きすぎるな」と感じた。奇顔である。いわゆる仏像が今のスタンダードなお顔になる前の白鳳と言われる時代に作られた仏像である。かつて写真でそのお顔を見たとき、その奇顔に…

今日の日本酒

「酔鯨 特別純米酒 名将銘酒47撰Ver」 (高知県高知市/酔鯨酒造株式会社/7点) https://www.suigei-net.com/ 阪急百貨店の地下の酒店で発見。 「キャプテンハーロック!?」 誰もがそう思うなんとも凛々しい漢。その正体は、坂本龍馬なのであった。そして…

要望

美術館への要望 1.チケット半券による再入場の半額化 2.図録の電子化 3.ボールペン使用の解禁 4.開館時間の延長(~21:00) □

★前へ出る

目先の面倒から逃げることが将来、何十倍もの面倒になってしまうことがある。 ことがある。というより、ほぼ必ず。と言った方がいい。目先の面倒から逃げたら、間違いなく、将来より大きな面倒になって跳ね返ってくる。 目先の面倒から逃れたい。 それは、今…

食パン!

朝は食パンを食べます。 冷凍していたパンをトースターで3分。ほどよくこげて、おいしく出来上がります。 近所のスーパーでは、賞味期限切れ直前の食パンが5枚で44円。毎朝8円程度!合わせてバナナやらヨーグルトを食べても毎朝70~80円程度に収まります。お…

制作日誌

会場に入った途端、目に真っ赤な空間が飛び込んできた。 赤い糸である。 巨大な空間のそこここに置かれた針金のボートから、無数の真っ赤な糸が紡がれ、天井までの空間を覆いつくしている。 現代美術家・塩田千春の空間美術である。 会場に入ると誰もが息を…

今日のゲーム

かつて、ご近所さんとは家族のようなものだった。 お互い自宅の鍵は開けっ放しで、垣根越しにたわいもない話をしたり、作りすぎたおかずを交換しあうような関係であった。 それから時代が流れ、ネットによって国籍すらも越えた新しい人とのつながりが生まれ…

DEATH STRANDING!!

買うつもりはなかったのです。 その日、なんだか小さなミスが続いてちょっと凹んでいました。 至急、父と母に送った手紙が10円不足で戻ってきてしまったり、 レンタルしたコミックの返却をし忘れてしまったり、 クーポンがあったのに定価でビデオレンタルし…

今日の語録

「 金を残して死ぬ者は下だ。 仕事を残して死ぬ者は中だ。 人を残して死ぬ者は上だ。」(政治家 後藤新平)

今日の語録

塩田千春「浴室の中で」

2019流行語大賞ノミネート

2019年の流行語大賞ノミネートが発表となりました。 今年も、もう1年を振り返る時期になってしまいました...。 早い。早すぎます......! それだけ僕も歳をとったのでしょうね.........。 今年は兎に角、ラグビーW杯日本大会に尽きるかと思っています。 大賞…