ペインターズハイ

個展開催まであと1か月も無い...。 ここ数か月「よく生きているな」 という暮らしをしてきました。 正直いかれていると思います。 相当しんどいのです。 が、今が一番楽しいときだという確信があります。 この制作に埋もれた日日が終わり、 いざ個展開催!と…

今日の語録

挫折があって よかったと、 いつか言ってみる。(earthのコピー)

初対面

ポール・マッカートニーライブツアー2017ONE ON ONE @東京ドームに行ってきた。 ポールは、1942年生まれの74歳だというが、何なのだろう、この少年のような若さは?歳を重ね、キャリアを重ね、遠くなり、偉くなるほど、若くなり、近くなり、親友のようにな…

今日の語録

ベタベタ。はイヤ。 カラカラ。もイヤ。 ヒタヒタ。くらいがいい。□

スーパーファミコンミニ

Nintendoクラシックミニ スーパーファミコン発売!? という噂が出回っている。突然のファミリーコンピュータの生産中止の理由が明らかにされないことが歪んで、新たな都市伝説が生まれたようだ。 もし本当にスーパーファミコンミニがリリースされるとしたら…

デザイン

猫展のポスターデザインが秀逸。□

今日の日本酒

寫樂 純米酒(福島県・会津若松市/宮泉銘醸株式会社/評価:10点) 宮泉銘醸株式会社 天鵞絨を超える日本酒はこの世にないと思っていました。そういう自惚れを「寫樂」が一蹴してくれました。まだまだ深いぜ日本酒ワールド!まだ旅は始まったばかりだ!!□

今日の語録

Whyではなくて、Howからはじめよう。□

ぼくらが旅にでる理由

雑草を描いている。 特別に時間はとらない。 通勤中や昼休みにスケッチブックを取り出して10分程度、メモするような感じでさらっと描く。 描き始めて気付いたことだが、雑草というものはそうやすやすと見つからない。 都会には自然がない。 「日本は都会でも…

今日のいいまつがい

「ええとなんだっけ、『夢伝説』をうたったバンド.....。 うーん、でてこない。 ボーカル根本要のバンド。 うーん、 うーん、 ...........................。 ................................. 銀河トワイライト!?」 スターダストレビューです。ひとこと…

丁寧。

卓球アジア選手権女子シングルス。 世界ランキング1、2、5位の中国選手を 続けて破った平野美宇選手。 破られた世界ランキング1位は丁寧選手。 名前が「丁寧」ですよ? なんて素晴らしい名前なのでしょう。 自己紹介ではいつでもどんなときも 「わたしは…

今日の語録

「涼しい顔をしながらすごいことをする人。 がんばっているんだぞ。とか言わなくてもお客さんには伝わっている。 それがプロフェッショナル。」(春風亭一之輔)

仕事改革!

仕事改革。と世間が騒いでいます。 残業せず効率よく仕事をしてとっとと帰りましょう! 国が、職場が、これまでの日本人の働き方に大きくテコ入れしてきている。 実際、連日残業が慢性化していた多くの職場が変わり始めている。 そんなの急には無理だろう。…

今日の日本酒

新政 PRIVATE LAB 亜麻猫 第七世代(秋田・秋田市/新政酒造株式会社/評価:9点) Private Lab プライベートラボ|新政酒造株式会社オフィシャルサイト colors天鵞絨を彷彿とさせるファーストインプレッション。が、舌から喉を通るとき、天鵞絨に無い「甘…

依存症

「これから一杯やるところだが来ないか」 制作中に突然電話が入ることがある。 本当に制作がのってしまっているときは断ることもあるが、多くは「行きます」と応える。むしろそれまで制作がぐだぐだであったとしても、そこから制作の炎が燃え上がる。集合時…

今日の語録

「痛いところがあるぐらいのほうが 調子よかったりするんですよね。 テニスも調子いいし、体も調子いいし、 なにもかも絶好調、っていうときは、 けっこう結果が出ないことのほうが多いです。」 「自分が万全で、万全で挑んで、 やることをすべてやっても、…

臭う作家と臭う作品

作家そのものが臭うのに、作品は無臭。 作家そのものは無臭だが、作品が臭う。 優れた作品を残して逝った先輩たちは、 必ずどちらかに属していたように思う。 どちらも正である。 僕は臭う作品を遺したいのだが、 どうやら臭うのは僕自身みたいだ....。□

今日の一冊

「すごいメモ」 小西利行著 かんき出版 メモは「目的」ではない。メモは「手段」です!□

近くて遠い。遠くて近い。

15年以上にわたりずっとCDしか音源はなく、これからの一生も音源はCDしかない、と無意識に思い込んでいた彼女の声が、しっとりとしたピアノの旋律にのって会場に響き渡った瞬間、戦慄がはしった。 解くことを完全に諦めていた知恵の輪がひょいと解けてしまっ…

悲報

Nintendoクラシックミニ ファミリーコンピュータ、生産中止........!? 悲報。心が折れるとはこういう体験をいうのだろうか。 今もなお店頭での品薄が続き、手に入らないファンも多い。かくいう僕もその一人だ。これだけのファンの想いを切り捨てての生産中…

今日の日本酒

東洋美人 純米大吟醸(山口・萩市/(株)澄川酒造場/評価:8点) プーチン大統領が飲んだ。と言われる山口の銘酒・東洋美人。優れた日本酒がもつ、果実のような甘味や匂いを「フルーティ」と表現することが多いが、今回いただいた東洋美人・純米大吟醸はフ…

残念なとき

残念なとき。 目の前で大あくびをされたとき。 僕はそれほど退屈なのだろうか....。 人を退屈にさせない人間でありたい。□

女性の華

フィギュアスケート浅田真央選手の引退会見。 とりわけ最後の3分間の挨拶の美しさ。 いつも笑顔で。 人前では絶対に涙を見せない。 そう固く誓ってきた信念が 一生に一回の、この会見の瞬間、 大きく揺るがされる。 それでも彼女は歯をくいしばる。 泣き崩れ…

プチ語学

「住めば都」と「住まば都」。 「侃侃諤諤(かんかんがくがく)」と「喧喧囂囂(けんけんごうごう)」 同じような音なのに意味は180度違ってしまう。日本語っておもしろ。だ。□ 「住めば都」= どんな土地でも住んでしまえば住みよくなるということ。「住ま…

今日の一冊

「夜は短し歩けよ乙女」 森見富美彦著 角川書店 この語呂の良いタイトルと、中村祐介氏の素敵な表紙に、何の予告もなくレジへと向かってしまった。それが森見富美彦作品との出会いであった。そして満を持しての劇場アニメ映画化。本書もさることながらよくも…

今日の語録

「二刀流」ではなくて「パラサイト」。□

春のひとこま

長い冬を越え久しぶりに自転車で走る。 桜が咲き、生き物たちも目を覚ます。 以前あった娯楽温泉施設は無くなって グランドゼロになっていた。 ラブホテルの跡地には高層マンションが建ち、 広い駐車場を持つセブンイレブンが開店していた。 かつてここには…

今日の日本酒

日高見 純米(宮城・石巻市/平考酒造/評価:7点) 「日高見」平孝酒造社長の平井孝浩さんインタビュー 大阪マラソンを走った友人と入った福島の鮨屋で大将に勧められた。鮨に合う。東北の酒は美味い。いまや日高見の存在は北から南まで轟いている。東北の…

手ぶらイズム

手ぶら。 に憧れる。 出先で本を読みたい。手帳も必要。財布も必要。昨日かったお菓子も入れておこう。....気付けば、鞄がいつもパンパンになっている。更に、折角詰めたこれらの物々も、全部を使う間も無く、ただ重かった。で終わるケースも多々あったりす…

今日の語録

「プロレスの練習は、ぶっ倒れてから始まるものだと知った」 (ジャイアント馬場)

ひとりごと

「桜に負けない。」□

今日の一冊

「風の歌を聴け」村上春樹著 講談社 なんだろう、この乾いた感じ。どの言動もかみ合っていない。なんだか非現実的。クールというのとも違う。でもどことなくかっこいい。わからない。でも最後まで一気に読んでしまった。しばらく頭の中に残る余韻を転がす。□…

プチ発見

エアコン。パソコン。リモコン。ロリコン。ロボコン。ボディコン。合コン。 これらの略語、 エアコン ⇒ コンディショナパソコン ⇒ コンピュータリモコン ⇒ コントローラロリコン ⇒ コンプレックスロボコン ⇒ コンテストボディコン ⇒ コンシャス合コン ⇒ コン…

木乃伊になってはいけません!

「木乃伊取りが木乃伊になる」 「木乃伊」を「ミイラ」と読むことを初めて知ったのだが、そもそも「木乃伊取り」ってなんだ?という議題で酒場が盛り上がる。なんだか漫画のようなおかしさをもつ諺であるが、これって日本製の諺だよね?日本に木乃伊なんて無…

今日の日本酒

新政 colors 天鵞絨 ヴィリジアン 生酛純米(秋田・秋田市/新政酒造株式会社/評価:10点) 新政酒造株式会社オフィシャルサイト JOJOの奇妙な冒険の第一部。ジョナサン・ジョースターがアンデッドに放った必殺の「ズームパンチ」。肩の骨を脱臼させ、腕…

お知らせ

新年度がはじまりました。 始まったばかりであれなのですが、 6月より1年間ほどタヒチに 赴任することになりました....。 南米の家電動向のリサーチと 新たなサービス起案のための 業務推進を行うことになります。 が。タヒチと聞けばゴーギャン。 彼の遺…

今日の語録

本気になると、娯楽を忘れる。 本気の本気になると、食事を忘れる。 本気の本気の本気になると、生死を忘れる。 もしかしたら僕はもう死んでいるのかもしれない。□

こりない男

もうこりごりです。 そんなことを昨年の今頃叫んでいたようだが、 1年たって今なおまた同じことを叫んでいる。 なぜもっと早く計画しなかった。 なぜもっと早く行動しなかった。 あのとき、このとき、時間は溢れていた。 それをまた明日また明日と先延ばし…

今日の一冊

「一汁一菜でよいという提案」 土井善晴著 グラフィック社 ずっと自炊を続けています。たいしたものは作れません。お魚を焼いて、納豆、お漬物。そしてお味噌汁と炊き立てのごはん。それくらいです。でもこれでじゅうぶんしあわせです。というかこれがいちば…

新たなエクスペリエンス

先日立ち寄った展覧会で作家の先輩が、自宅のマンションの一室で火事がありひどいめにあった。と話していた。マンションの住人は全員外に追い出され、鎮火するまで外で待たされていたという。いまふとその話を思い出したのだが、実は、この話にこれ以上の内…

絡み付いた根を引き抜く。

人生初のピアノリサイタル。 人生初のフェニックスホール。 400人程度収容のとても可愛いホールである。 北陸の絵画の先生の奥方がピアノにおいて、 大変素晴らしい業績を持っておられるということで ご縁があり、本日拝聴させていただく機会を戴いた。 個展…

今日の日本酒

琵琶の長寿 純米吟醸(滋賀・今津/池本酒造/評価:5点) 『琵琶の長寿』 - 池本酒造 年末。恒例のアトリエ大掃除を終えた後、最後の最後の忘年会に、近江今津を訪れる。この行事が始まってから、もう5年になる。アトリエの1年。制作の1年。業務の1年。こ…

良いものは自分が決める。

「君はあの展覧会を見たか。 本当に素晴らしかったぞ。 絶対みておくべきだ!!」 僕はその展覧会を知らなかった。知っていたとしても行くつもりはなかった。そういう展覧会にはたとえ誰かが絶賛したとしても決して行かないことにしている。感動は個々の人間…

今日の語録

◆ダンサーが一週間練習しなかったら、体がどれくらいおちるか。ボクサーが一ヶ月休んだら、次に戦うことができるかって。僕が例えば一週間書かないと一週間目に書くとき大変ですよ。だから毎日何かしら書いてないとね。何か書いて筆先が考えるように自分を仕…

増田が本気で編むときは

今の自分は果たして「本気」だろうか。 たぶん「本気」ではない。 もしかして「本気」なんじゃなかろうか。 そんなふうに思いかけていたとしても、 否、否、やっぱり「本気」じゃあない。 それくらいに考えておくのがよいと思う。 否、それくらいに考えてお…

今日の一冊

「たとえる技術」 せきしろ著 文響社 美しい本。目次だけで美しい。「ドライブで左にカーブを曲がったとき、 ふいに見えてきた光る海」のように美しい。□

やさしさって何のこと。

6月の関西二紀展に初めて出品する女性から、 「関西展の作品は進んでいますか?」 「初めての作品が完成するかどうか不安で一杯です」 といった相談を受けた。 僕は今、個展の準備に追われ、 関西展には未だ着手すらできていない。 ひとまず自分をあまり追い…

輪廻

「俺、参加しなくていいっすか」 職場恒例のレクリエーションを企画していた席にて。入社3年目の後輩がしれっと口にした言葉だった。 「?!」 絶句してしまった。しばらくしてめまいが襲った。ナンダコイツ....?!幹事たるもの、企画したイベントに参加し…

今日の日本酒

坤滴 純米酒(京都・伏見区/東山酒造有限会社/評価:7点) 「坤滴」東山酒造有限会社|酒蔵・蔵元紹介|伏見酒造組合 柳家喬太郎の前衛的な落語が好きだった兄が、長い間聞いていたらやっぱり柳家さん喬がいい。とつぶやいていた。古典をたんたんと静かに…

リタイア!

「いよいよですよ!」 ふと後輩に声をかけられた。はて?なんのことだろう....。「何言ってるんですか、モンハンですよ。 モ・ン・ハ・ン!」そ、そうか!今日はモンスターハンターXX(ダブルクロス)の発売日なのだった。最近の光のようにすぎる日日に、ゲ…