あのころ。

未だ駆け出しだったころ、先生から個展の陳列を手伝ってくれ。
と声をかけられた。

確か心斎橋の、今はなき画廊で作品陳列の手伝いをした。

大小の作品が30点ほど並べられた空間はとにかく圧巻で、

いつか自分もこんな空間を作り上げたいと強く思った。

あれから10年くらい経っただろうか。

今、自分は第6回目の個展の準備を進めている。

あのときの憧れに自分は近づけているのだろうか...........。

わからない。

展覧会を開く。というところまでは実現できたのだろう。

けれど、あのとき僕が先生からもらった憧れのようなものを

僕は発信できているのだろうか。

後続する人たちに還元できているのだろうか。

今なお、もらってばかりいる自分は、はたして本当に世界に
感謝を還元できているのだろうか。

そんな想いの中、第6回増田力也展、開幕です。

少しでも前へ。1歩でも前へ。進んでいきます。

どうぞ宜しくお願いいたします。□