読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とと姉ちゃん!

 

「わたし出版社を立ち上げたいんです!」

 

「失敗するかもしれないぞ。大丈夫か」

 

戦争に敗れた直後の日本。

貧しい人々がその日暮らしにもがく東京。

本当に大変な時代だったのだろうと思う。

.........けれど。

 

「もう世の中全てが失敗しているようなものじゃないですか」

 

強い決意を語るとと姉ちゃんの姿をみて、ちょっぴり羨ましい、

と思ってしまった....。

非合法な手を使ってでも生き延びようとするような貧困の時代、

人々はある意味「やらねばならないこと」に取り囲まれている。

豊かにはなったが「やらねばならないこと」を捏造している

現代とは大きく違う。

単に隣の芝ばかりを青く見ているだけなのだろうけれど。。

 

但、それでも最後に僕を支えるのはやっぱり美術です。

美術という名のものづくりは、いつの時代でも混沌です。

多くの人にとっては「やらなくてもいいこと」なのだろうけど。

どういうわけか「やらなくてはならないこと」になってしまった

僕らにとっては、最早芸術という名のフィールドは戦争直後の

日本の状態と大差ないのだと思います。(大袈裟かも知れないけれど...)

 

僕も時代に、とと姉ちゃんに、負けない仕事をしたい。

否、します。きっと、します。□