読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の銭湯

 

居酒屋という空間が好きだ。


毎日いろいろな人がやってきて、溜まったストレスを
美味い酒と肴をあてにしてリサイクルし、去っていく。


「居酒屋は心の銭湯」という名言がある。


酒場は肉体でなく心を裸にする場所なのだ。


そんなわけで飲み会を企画することが多い。

私の行動指針は「誘われる前に誘え」なのである。

が。

幹事もすっかり板についてきたと自惚れてみれば、

この期に及んで未だ参加者のニーズに応えきれない。

 

金曜日に職場の同僚と行ったイタリアン居酒屋。
美味しかった。いいコースだったと思う。
だが。我々が食事をしている間、どういうわけか、
なんと誰の一人として他の客が入ってこなかった。
雑誌にも載っていた店で料理はおいしいというのに....。
何か気になってしまった。

そして更なる悲報。
メンバーの誰もがビール派だった。のである。
いくら日本酒やワインを取り揃えた店を選んだところで
飲まない彼らには全く価値になりえなかったのである....。

 

「気を取り直して二次会に行こう!」

 

と予約もせずに飛び込んだ安酒場。
ハイボール2杯とつまみでたった1000円。
店内はものすごい賑わいだった。これぞ居酒屋である。

しっかり企画してすべる。勢いで飛び込んで当たる。

居酒屋の奥の深さを思い知ってしまう。

居酒屋ソムリエへの道はまだまだ遠い(そんなん目指してたのか)。□