読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知らなくてよいこと。

自転車通勤をしています。

片道40分。往復80分。

毎日ながら、なかなかハードなjourneyです。

夜遅くに自転車を走らせていた帰り道。

暗闇です。光は無い。

そんな場所が多い通勤路です。


ぶうん。


何かが飛んでくる音がして、

ぴた。と僕の胸に止まった。

昆虫です。

でもそれが何かはわからない。

カナブン?

蝉?

カブトムシ?

もしかしたら.....蛾?それともゴキブリ?

............怖い。昆虫は苦手です。


自転車をこぎながら汗がふき出してきました。

セミやカブトムシならまだしも。蛾やゴキブリだったら...。

見たらきっとパニックになる。

絶対に目を向けずカバンから紙を取り出しました。

見ないようにしてぱっと払うつもりでいました。

その矢先、彼はぶうんとまたどこかへ飛んで行ったのでした。

こ、怖かった....。

 

今改めて思うのは「知らないでよかった」ということです。

もしかしたらカブトムシだったのかもしれません。

でも答えを出さなくてよかった。

人は知ろうとします。でも知らなくてよいこともたくさんある。

昨今の世界はなんでもかんでも「見える化」しようとするけれど。

知らなくてしあわせ。ということもあるのですね。□