読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰か代わりにやってくれ。

歳を重ねるにつれ、取り組む仕事の規模が大きくなり、

それに関わっているだけで膨大な時間と体力を

注ぎ込まなくてはならなくなっていく。

当然ながら、時間的にも、体力的にも、

できなくないことが増えていく。


いつかやれると思ったテレビゲームは山積みになり、

いつか読めると思った書籍や漫画本も山積みとなり、

いつか見れると思った映画のDVDも山積みとなる。

いつか、いつか、いつか......!!。

その「いつか」は一体いつ来るというのか。

果たして本当に来るのだろうか。

 

そして、さらに世界は早い。

日日新たなテレビゲームが発売され、

新たな映画が公開され、

新たな楽曲が発表され、

新たな漫画や本が発売される。

そして仕事は益々大きくなり、

制作時間も合わせて巨大化する。


そのとき心の底でこう叫ぶのだ。


「誰か代わりにやってくれ」


ゲームセンターCXでの、有野課長レトロゲームの挑戦。

孤独のグルメでの、井之頭五郎さんの見事な食いっぷり。

そんな物々に惹かれてしまう自分は、

このコンテンツ過多の世の中に溺れかけているのだろう。

全てこなすことはできない。それでいてこなしたい....。

禅問答のような矛盾に対する皆の願い。

有野課長井之頭五郎さんはそんな願いを叶えてくれる

平成の対小市民スーパーヒーローなのかもしれない。

 

そしてそれでもまだコンテンツにしがみついている自分は、

よく言えば若い。悪く言えば往生際が悪い。

 

馬鹿みたいな不思議な時代を生きているのですね、僕たち。□