読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のりしろの時間

仕事と仕事の切り替え時には、

「のりしろの時間」が必要だ。


仕事を終えて自宅に戻り、次の仕事(絵画制作)に

入るとき、キャンバスに向かう状態を作るまでに、

自分の中に「真空の時間」を必要とする。


着替え、手洗い、食事、メールチェック、

更に、漫画を読む時間、テレビを眺める時間.......。

 

次の仕事に入るためには、

頭を切り替えるための小さな作業を

心残りなく全て終える時間が必要なのである。

それらを全て終えていなくては気が散ってしまって

次の作業に入っていくことが出来ない。

これを僕は「のりしろの時間」と呼んでいる。


「のりしろの時間」をいかに小さくするか。


限られた時間の中で仕事を前に進めるためには

この時間をゼロに切り詰めていかなくてはならない。

のりしろの時間は「単なる浪費」であることが多い。

浪費に時間を取りすぎると、結局次の作業に移れず、

その日の貴重な時間が失われてしまう。


チームラボの猪子寿之氏の一言、

 

「プロフェッショナルとは、いろんな大事なものを捨てちゃった人」


優れた作品を作る人間は、のりしろの時間をゼロに

切り詰めてまでも、徹底して目標を追いかけている。

誰にも時間は平等だ。残された自分の時間をいかに有効に使うか。

そこからもう戦いは始まっていて、その積み重ねがやがて大きな差と

なっていく。

ストイックかもしれない。狂っているかもしれない。

でも、いいものづくりというのは狂気の先にあるのです。

 

どれだけ狂い続けられるか。

今日も終わりの無いマラソンレースを走る。□