読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幹事の美学

宴会幹事の仕事は、

宴会を告知して、
参加者を募って、
会場を予約して、
楽しい会を支えて、
きっちり精算する。

ざっとそんな感じです。

手段は問わないのです。

幹事は一人であっても、複数であってもいいのです。

主賓や参加者からみて、さりげなく出来ていたらいい。

逆に参加者からみて、違和感があったら駄目なんです。

主賓や参加者に絶対に心配をかけてはいけない。

仮に幹事が忙しくて手が回らなかったとしたら、

誰かにこっそりお願いしてでも、巻き込んででも、

さりげなく会を催すことを最優先としなくてはいけない。


直前なのに案内がきていない。

費用がいくらなのかわからない。

会場がどこかわからない。

何時に始まるのかもわからない。

そんな不安を参加者にあたえてしまったらもう終わりです。

幹事が自分の忙しさに同情を求めるようになってしまっては、

終わりなのです。

お客さんを不幸にする幹事は去れ。

どんな手をつかってでもさりげなくやる。それが幹事の美学です。□