読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みつばち。

スーパーが好きである。

もう少し具体的に書くと、平日遅くに帰宅する際、
ちょっとした非日常感を味わえるせめてもの手段が
スーパーなのである。

今日の日本においては、ものづくり産業の多くで
飽和感がにじみだしているが、それは食品業界に
於いても同じである。

「えっ。こんなものが!こんなものまで?」

こんなのがあったら嬉しい。というものは概ね
商品化されていて、料理というクリエイティビティ
のお手伝いをしてくれている。

それぞれの商品パッケージの意匠も見ていて楽しい。

そんな発見を楽しみにしてスーパーを歩くのである。

そして発見のたびに、僕はシュワワっ(※)となる。
(※:毛穴からカタルシスるが抜ける感じ)


美術館を歩くのに似てるね。

本屋も居酒屋も美術館もスーパーも。

僕の好きなもの全ては本質がつながってる。

 

みつばちが花に集まり蜜をもらって受粉を手伝う。

増田力也がスーパーや美術館で元気をもらって、
制作で社会に還元する。

 

結局僕もみつばちのような奴なのかもしれない。□