読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しつこい男。

 

恒例の、秋の二紀展のための制作が、

今年もなんとか収束に向かっている。

 

毎年のことだけど、春の個展が終わった後は

必ず燃え尽きたようになる。

もう何も出てこないと思うのだが、すぐに

次の締切が迫る。乾いたぞうきんのような

自分を更にストイックに絞めあげて1滴の

水滴を絞り出すように描く。

その後、今度こそ本当に燃え尽きた!

と叫んで、廃人のような毎日を送ったりする。

もう二度と描くことなんかできないのでは......。

と不安になるくらい絵と向き合えない時間が

過ぎていく。

しかし。それでもまた秋の出品の締切が迫ると

あれほどまでに腐っていた自分が蘇生するのだ。

そしてなんとか描き上げるのである。

このパワーはどこから湧いてくるのだろうか。

 

作品はなかなか良くはならない。

すごい。とか偉い。は良い作品を作る人をいう。

僕は決してすごい者にも偉い者にもなれないが、

ただ、よくもまぁ、これほどまでしつこく長く、

続けているものだ。とは思う。

 

僕の取柄は最早、このしつこさだけなのかもしれない。

どこまでいけるかわからないけれど、これからも

しつこく、しつこく、進んで行きたいと思っています。□