読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猛毒映画

 

「猛毒」と呼ぶ映画がある。

 

映画とは虚構である。

しかし虚構とはいえそこまで描いてしまってよいのか、

というほどの過激な映像表現。気分が悪くなるほどの。

そういう映像に溢れる映画を僕は猛毒映画と呼んでいる。

 

・「アウトレイジ北野武監督作品

・「冷たい熱帯魚園子温監督作品

・「パンズラビリンス」ギレルモ・デルトロ監督作品

・「怒り」李相日監督作品

 

僕がこれまで見た猛毒映画たち(の一部)である。

  

ホラー映画は入っていない。ホラーは猛毒ではない。

モンスターや霊ではなく実存する人間のふるまいほど

えぐいものはない。

見た後の後味の悪さ。だが見てよかったと思うのだ。

 

人間の深さを作っていくものは経験なのである。

そして人間が深くなるほど仕事が深くなるのである。

つまり多くの経験をするほど作品は良くなるのです。

更にその経験が猛毒であるほど作品は深くなるのです。

だが人間が一生で得られる現実での経験など、

この世界の広さ深さのほんの一部にも満たない。

 

そのための猛毒映画なのである。

 

どんどん見ますよ、猛毒映画。

 

でも現実での猛毒体験はあまりしたくはないよね。.....失恋とかさ。□