読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕のアトリエ

 

アトリエが欲しい。

 

僕だけのアトリエ。僕だけの制作空間。

今もあるといえば、ある。
1LDKの寝室をつぶした6畳程度の空間だが。
狭い。のである。要するに。

来年の春にまた個展を企画している。
秋の出品も終わり少しずつコンセプト設計を
始めている。今度の個展では、
自分史上最大の作品に挑みたいと考えている。
どこまでの大作をやれるか。
それを試してみたい。
見てくれた人がどんな印象をもつのかを
確かめてみたい。

.......だがこのアトリエではだめだ。
せめてS100号を2枚横に並べられるだけの
広さが無くては。S100号は横162cmだから
横幅3メートル以上をもつアトリエが欲しい。

ファインアートはつらい。
ただただ自己表現への投資が求められるだけで
経済性を生み出すことが皆無に等しい。
芸術家は、女の子に嫌われるわけである。
芸術性を持ちながら経済性を完備する
漫画や音楽をまぶしく眺める。
それでも泥臭いファインアートから離れられない。
立ち向かわねばならない。

無いものを嘆いていても仕方がない。

今はこのアトリエで頑張ろう。

そしていつか必ず、夢のアトリエを!僕のアトリエを!

手に入れるのだ。□