読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国宝

 

少し前に、京都大原三千院を訪れた。

 

国宝・阿弥陀三尊像の神々しいお姿や、

これでもかといわんばかりに萌える苔の

美しさに、打ち震えた。

前回父と母と訪れてから10年ほどになるが、

そのときの記憶はほとんどない。

こんなに素晴らしく美しいものがあったとは。

 あのとき僕は、一体何を見ていたのだろうか。

........................多分、何も見ていなかった。

唯唯、表層的なものを眺め「わーい、わーい」と

騒いで喜ぶだけで実際は、何一つその国宝の深さや

価値を味わうことなどできては居なかったのである。

 

10年の歳月を経て、社会で多くの経験を経た自分が

かつて見た国宝に改めて訪れた時、それはまるで

この10年を映す鏡であるかのように今の自分を

照らし出したのだった。

 

国宝とは、今現在の自分自身の深みを測るひとつの

指標であり、鏡のようなものなのだろう。

 

10年前の僕は何も見てはいなかった。

だがあのときの僕はあのときの僕なりの今で、国宝を

見ようとしていたのである。

たとえ見方が浅く薄かったとしても、あたかもペンキの

重ね塗りのように、その時に見たことがしっかり下に

敷かれていたからこそ、今その上に重ね塗りができた、

新しい見方が発見できたのである。

 

今おとずれよう。

そしてその場所に10年後もう一度行ってみよう。

そのときにそれはまた新しい見え方、新しい鏡となって、

まるで別物のように今の自分の姿を映し出してくれる。

いつどんなときにいっても新しい表情を見せてくれる。

この深さこそが国宝と呼ばれるものの強さなのだろう。□