読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リハーサル!

 

スケッチ旅行で恒例のかくし芸を披露。

 

思ったようにうまくはいかなかった...。

原因は明らかだ。

リハーサルが足りなかったのだろう。

本番は頭の中で考えていたことなど、

軽々と超越した予想外の事態が続出する。

その事態の発生確率を減らすために、

リハーサルをする。

練習をこなせばその分、必ずうまくなる。

時間がなかった。というのは言いわけだ。

情けをもらう事態からは脱出したい。

そのためにしっかりリハーサルをしたい。

 

今回の芸でのハプニングは「化粧」である。

本番が始まる30分前に楽屋(といっても

ただの倉庫だが)に入って化粧を始めた。

アシスタントは居ない。鏡を見ながら一人、

メイクアップをしていくのだがこれが相当

難しかった....。

いわば、自分の顔をキャンバスにして絵を

描くという行為である。しかも鏡越しに。

筆は中太の1種類しかない。修正もできない。

これには手が震えた。

 

芸が終わり舞台裏にひっこんだ後、裏口から

抜け出して自分のコテージへ戻り、メイクを

落とす。しかし今度はこれが落ちない、のだ。

ボディソープでゴシゴシと顔を洗ってみた

ものの、油脂を含む顔料ゆえか落ちるどころか

顔面が真っ黒になっていく。

芸を披露した会場では、スケッチ講評会が

始まっていた。すぐにでもメイクを落とし、

講評会に参加しなくてはならなかったのだが

結局全てを落とすのに30分以上もかかって

しまった....。

 

これらはすべてリハーサルで確認できたことだった。

メイクアップも事前にやってみてその難しさを知って

おけばアシスタントを準備できたはずである。

メイク落としもしかり。リハーサルはやっぱり大切だ。

 

それにしても、矢張り本番ってすごい。

本番は成功しても失敗しても多くのことを教えてくれる。

みんなが喜んでくれたかどうかはよくわからないけれど、

いろいろ勉強ができ、僕は楽しむことができた。

 

次回はもっと余裕をもって一層楽しく芸をこなしたい。□