読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暗殺教室

週刊少年ジャンプと共に人生を送ってきました。

但卒業して社会人になると手にとる時間も徐々に

減って、最近はすっかりご無沙汰になっていたの

でした。

そんな今久しぶりに読んだ週刊少年ジャンプの漫画。

 

暗殺教室

 

おもしろい。

そしてあたらしい。

21冊に美しくまとめられた強くて暖かい物語。

 

僕の少年時代のジャンプといえば、自転車操業的な

ストーリー展開に、人気が出ればエンドレスに

引き伸ばされるという常勝漫画に彩られていた。

だけど暗殺教室は、連載開始から最終回までが

しっかりと深く綿密に作りこまれている。

これほどまでに美しい計画的犯行があったものか。

これが現代の漫画制作というものなのか。

この時代、雑誌も増え作家にとって発表する機会は

増えたのかもしれないけれど、

そのぶん作品が埋もれてしまって読んでもらうことも

難しくなってきているのではないか。

そんな中にこれほどまでに強く読者をひきつける作品

をうちだしてくるとは。

やはり週刊少年ジャンプで描く作家はどの時代でも

王者なのかもしれない。

 

漫画の世界も大変だ。でもその戦いから生み出された

作品も、日本の美しいものづくり文化を彩っている。

 

こんな素敵な計画的犯行、僕もやってみたい。

やっぱり漫画はいいなぁ。日本人で本当によかった。□