読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロウィンと鮨と広島カープ。

 

友人と鮨を食べていた。

 

大変うまい鮨であった。

静かな店である。

が、近所のどこかから時折大きな歓声が聞こえてくる。

いったいなにごとか。

それは日本シリーズを戦う広島カープへの声援なのだった。

ファンが居酒屋に集まり、声援をおくっているのであった。

僕には野球のことはよくわからない。

が、それでもお祭りは好きだ。

理由はなくとも、わーっと歓声があがる場所があれば、

集まって一緒に騒ぎたい。

あの夜そんなエネルギーがいろいろな場所から噴き出していた。

それが日本シリーズなのだ。

 

鮨屋にはテレビは無かった。

それでも広島カープファンが時折近所で歓声を発信する都度、

試合の状況が漠然と伝わってきて、そのたび僕を興奮させた。

これがまた楽しかった。

全ては見えなくていいのかもしれない。

どこかとおくで行われているイベントの片鱗を感じ、

それを肴に酒を飲む。

これくらいがとても豊かなのだと感じた。

 

楽しみかたは千差万別。日日の変化を身に受けながら

作品を見てくれる方々の多くに楽しんでもらう仕事が

できれば。

そんなことを強く想った。そんな秋の夜なのであった。□