読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大掃除

 

自宅の大掃除を終えた。

 

大掃除といえば一般的には年末にするものなのだろうが、
僕の場合は11月に実施する。
年末は毎年、美術研究所の大掃除に駆り出されていて、
自宅の大掃除ができないので11月に実施するようになった。
春の個展と秋の公募展の出品を終えたこの11月が僕にとって
一番の大掃除の時期なのだ。

床に敷いたビニールシートを全て張り替える。
平積みされた展覧会の図録を棚に収納できるよう、
不要な書籍を処分してスペースを開ける。
古くなった筆をざっくり捨てる。
筆洗バケツに溜まったヘドロを掃除する。......and so on.
1日仕事である。
だがこの大掃除は、今や来年にやってくる次の個展、
そして次の出品への開始を示す、僕にとっての大切な儀式
となっている。
この掃除で僕の一年はリセットされ、また次へ蘇生して
いくのである。

過去に描いた作品を眺めるのもこの機会だ。
全ての過去の絵をどけないとビニールシートを張り替え
られないので、作品を全てリビングに移すのだが、
そのときに過去の作品を久々に眺めることになる。
改めて思ったが、自分が描いた作品であっても長い間見ないで
置いておくと他人が描いた作品のように新鮮な目で見ることが
できるものだ。
描いていた当初は画面に向かってばかりで客観的に見えて
いなかった作品そのものの狙いや、勝手にでてきていた自分の
癖のようなものが今ようやく見えるような気がする。
巨匠や先輩が描いた作品をたくさん見てインプットすることも
大切なのかもしれないけれど、自分が描いた作品を一度じっくり
見直してみるというのも、とても大切なことであると気付く。

さあ、僕の2017年度がはじまります。□