読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死への一歩

アトリエで共に長く描いてきた女の子が結婚した。
その話を聞いた刹那「チクリ」と心が痛む。
なんなのだろうか、この「痛み」は?
彼女一人に限ったことではない。
これまでにこういった報告を受けるたびに僕は、
いつも同じ「痛み」を経験する。
恋愛感情ではない。
最も近い言葉を充てるとしたら「喪失」なのかも
知れない。自分のもつ人生の時間、青春の時間が
確実に削り取られていることを思い出させられる
この瞬間。永遠なんてない、と自分を理解させて
いるつもりでいても、知らず知らずのうちに、
今がきっと永遠だ。と信じ切っている自分がいる。
その気持ちについ寄りかかってしまっているとき、
さっとそのつっかえ棒が引き抜かれるのである。
そして僕ははげしくよろけ、どたりと横に倒れる。
その刹那、また「死」に一歩近づいたんだなと
思い出すのである。
この痛みは自分が死を感じるトリガーなのだった。
人が一つの大きな決断をするまでの時間と同じ時間を
自分も過ごしてきたはずなのに、自分にはそれだけ
大きな決断を何一つするに至らず未だもやもや病の
スパイラルから抜け出せずにいる。
仕方がないのだ。それでも僕はいつかこのスパイラル
から抜けだせると信じて、こつこつと自分の足元を
掘っていくしかないのである。□