読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セカンドオピニオン

日本酒が好きだ。

お鍋をつつくときにぐい飲みに一杯、
銘酒をいただくしあわせ。
まだ飲んだことのないお酒を取り寄せ
少しずつ飲み比べていく。
だがさほど日本酒に詳しいわけではない。
日本全土で無数の銘柄がリリースされる。
正直、どんなお酒が人気で何から飲んで
みたらいいのか全くわからない。
図書館で日本酒の本を何冊も取り寄せて
片っ端からどんどん目を通していく。
するとどの本でも「これを飲め」と紹介
されている日本酒が浮かび上がってくる。
これだ。
獺祭に始まり、磯自慢、十四代、新政。
そういう銘柄から飲んでいくのである。
セカンドオピニオン
1冊からでは見いだせなかった多くの情報
から、2冊、3冊と重ねることで目を引く
情報が浮かび上がってくる。

日本庭園を眺めるのが好きだ。
これまで漠然と眺めていた庭園を改めて
整理するかのようにきっちり見ていきたい
と思うようになった。
そのときも同様に図書館から日本庭園の
本を何冊も取り寄せて目を通してみた。
ここにもセカンドオピニオンが必見の
日本庭園を浮かび上がらせた。

セカンドオピニオン作戦。
なかなか有効な技をみつけてしまった。
しばらくはこれで行きます。□