読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無いものねだり

台湾出張から戻った同僚がとても幸せそうだ。

行く前はぶつぶつと愚痴をこぼしていた彼だが、
行ってみたらどうやら大変愉快だったようだ。
仕事がうまくいったということもあるのだろうが、
出張先の仲間に仕事後、美味しいレストランに
連れて行ってもらったり、少しばかりの観光を
楽しんだようである。
しかし、先日酒を飲む機会があり、どこがそれ程
良かったのか?楽しかったのか?と尋ねてみたら
彼はひとこと。

「ひとりでいられることが良かった」

「ひとりでいること」が食事やら観光やらを
超越しているとは。それほどまでにひとりが
良いのだろうか。
彼は二人の育児と仕事にはさまれて日日大変では
あるようだが。
対して僕は孤独である。確かに孤独であることを
楽しんでいるところはある。が、にぎやかな家族
に憧れることは多い。
彼は更に言った。

「でも何日かしたらすぐ寂しくなるのだと思う」

彼も僕も。そして人ってやつは。
結局ないものねだりをし合う生き物のようである。

余り周りを見ず、
今自分にあるもの、
自分が持つものを、
存分に楽しむのが良いみたいだ。□