読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

匂う絵。

匂う絵。というものがある。

というか、絵描きにとって、
匂う絵。を描くことこそが
目標と言っても過言ではない。
「目で見る匂い」である。

バルテュス

デルヴォー

鴨居玲

藤田嗣治

彼らの絵からはぷんぷん匂う。
どの作品も初めて見たときは、
「キモチワルイ」のであった。
しかし何度も目に触れるうちに
この唯一無二の匂いが、快感に変わる。

国立国際美術館で開催中のクラーナハ展。
ドイツルネッサンスの作家・クラーナハ
彼の作品もまた上記作家と同等のプロセスを経て
自分にとってたまらない作家となっていたのである。

「キモチワルイ」から「カイカン」へ。

肖像画なのに、匂う。
クライアントからの依頼にしっかり応えながら、
自分が描きたい「匂い」をしたたかに描きこむ。
美しい女性を描いているのに、
見た目の美しさの後ろにある臭さを感じてしまう。
余程好きだったのでしょうね。発狂するくらいに。
自分ももっと狂気の中に行きたい。匂う絵を描きたい。□

 

f:id:massy:20170112171450j:plain