読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

増田が本気で編むときは

今の自分は果たして「本気」だろうか。

たぶん「本気」ではない。

もしかして「本気」なんじゃなかろうか。

そんなふうに思いかけていたとしても、

否、否、やっぱり「本気」じゃあない。

それくらいに考えておくのがよいと思う。

否、それくらいに考えておかねばならない。

ちょっとでも自分を許すと、

すぐ自惚れの罠におちいってしまう。

そしてその罠にかかると自力では決して

這い出すことができなくなるのである。

だから決して自分を許してはいけない。

隙を作ってはいけない。

常に自分を疑い続けなくてはいけない。

こう書いている今、既に今の自分は罠の中に
いるのかもしれない。

僕はまだ「本気」ではない。□