読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新たなエクスペリエンス

先日立ち寄った展覧会で作家の先輩が、
自宅のマンションの一室で火事があり
ひどいめにあった。と話していた。
マンションの住人は全員外に追い出され、
鎮火するまで外で待たされていたという。
いまふとその話を思い出したのだが、
実は、この話にこれ以上の内容は無い。

不謹慎かもしれないが、この話を聞いた時、
「すべっている。」と感じた。
火事など滅多に体験するものではない。
火事に遭遇した。なんて聞いたら、
こちとら、一体どうなってしまったのだ!?
と前のめりになって耳を傾けるでしょう?
だけどその先が、誰でも想像できるような話だった
としたら「ふーん...」で終わってしまうのである。
人を驚かせたり、喜ばせたりするためには、
聞き手の想像を絶するような展開や結論がないと、
ただの世間話ととられ、終わってしまうのである。

実は、僕が描く絵も見る人にとって、
いつも「ふーん....」で終わってしまっている(と思っている)。
これもまた、鑑賞者の誰もが想像できるような作品だったから。
なのだと思う。
人は日日多くのものを見て、感じて、経験して生きている。
だから作家は、彼らの人生経験を上回る、
新しいエクスペリエンスを創発していかなければならない。

また春が来る。

「今年こそすべらない作品を!」と決意し、また絵筆を握る。□