読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手ぶらイズム

手ぶら。

に憧れる。

出先で本を読みたい。手帳も必要。財布も必要。
昨日かったお菓子も入れておこう。
....気付けば、鞄がいつもパンパンになっている。
更に、折角詰めたこれらの物々も、
全部を使う間も無く、ただ重かった。
で終わるケースも多々あったりする。

やっぱり手ぶらがいい。

手ぶらになれないか。

ずっとそう思っていた。

そしてついに決行したのであった。

最低限の小さなメモ帳と筆記具だけを胸ポケットに入れ、
手ぶらになってみた。

快適だ。

これこそが求めていた手ぶらイズムだ...!!

........と、しばらくの間、ルンルンでいたのだが。

サブの小さなメモ帳に記載したメモは最後の最後に
マスターのほぼ日手帳に転写しなくてはならない。
どうしてもその手間は避けられない。
すると、じゃあほぼ日手帳は持ち歩こう。
ならば、財布も。本も......となって、
結局元のスタイルに舞い戻ってしまったのであった........。

1歩進み、1歩戻る。

手ぶらイズム、崩壊............。

やっぱり僕は「重い鞄イズム」で生きるしかないみたいだ。□