美術の見方

(1)見て感じたことを言葉にして表してみる。
  こわいのか。
  かなしいのか。
  キモチワルイのか。
  おかしいのか。
  かわいいのか。
  いたいのか。
  くさいのか。
  あたたかいのか。
  つめたいのか。
  はたまた、それらのはざまか。
  ともあれ、素直な言葉にして表してみる。

(2)次に、作家になったつもりになって
   自分の頭の中でその作品を作ってみる。
   その過程を空想してみる。
  頭の中で、
  キャンバスを作って、
  絵具を混ぜて、
  太い筆をもって、
  ざくざくと描いてみる。
  次に細い筆に持ち替えて
  細かいところを書き上げて完成させてみる。
  作家がたどった過程を頭の中で辿ってみる。

(3)自分ならこうは描かない。
   自分ならこう描く!という作家との差異を咀嚼する。

(4)頭の中で作った作品が(1)の感覚を
  生み出しているという事実をつなげてみる。 □

広告を非表示にする