ピリオドの向こうへ

「僕は自分を誰とも比較しない。
 最後はいつも自己評価だ。
 自分の評価が100点ならば、
 他の誰がどう言おうと僕は100点なのだ。」


先輩の言葉である。
先日先輩と飲む機会があり、この言葉をもう一度確認した。
本当に自己採点が100点であれば満足なのでしょうか。
たとえそうであっても、他の誰もがその仕事を認めてくれなかったら
残念ではないでしょうか。と。
けれど、それでも先輩は「自分が100点ならそれでいい」と答えた。

僕はその言葉をどうも信じられなかった。
たとえ自己評価が満点であっても、世界の誰もがその仕事を
評価してくれなかった時、
それでも「満点だ」などと言っていられるのだろうか。
もちろん、自分の仕事に自信をもつことは大切だけれど、
仕事は世界の誰かのためになったり、誰かからお褒めの言葉を
頂くことができたとき、初めて満点となり、世界とつながることが
できるのではないか。
と思うのです。
自分だけ100点といいながら誰も観てくれていないというのは
寂しくはありませんか。
そう思っていました。


........が。


このたびの個展で発表したF50号の「追憶の庭」。
この作品を完成させた瞬間、
僕は自己評価100点を感じてしまったのです。
言葉で言い表せない達成感でした。
この1枚を描くためにこれまでの15年があったといっても過言でないほどの。
もはや、誰も見てくれなくても、誰も評価してくれなくてもいい。
それでもこの作品は自分の一つの到達点だ。と確信をもってしまったのでした。
先輩のいう自己採点100点の瞬間が確かに存在することを知ったのでした。

きっと先輩は日日そういう気持ちで仕事に臨んでいるのでしょう。

もっといい仕事をしなくてはいけません。

僕はもっともっと先へ行ける。ピリオドの向こうへ行ける。□

広告を非表示にする