今日のゲーム

 

PS4「DETROIT: BECOME HUMAN」 Quantic Dream(9点)

 

※(注)ネタバレ含みます※

 

「おもしろい」というより「すごい」。

よくこれほどの作品を「ゲーム」として世に出したものだと。

「ゲーム」という表現手段が「映画」に対等か、それ以上の娯楽になるまで完全にのし上がったことを、この作品で体験しました。

自分が取るべき道、結末を決められるという「参加型の映画」という印象。

サウンドノベルの全ての選択肢を、圧倒的な質の映像と、独自の操作方法に置き換えた作品とも取れる。

物語も深い。
人間の生活を支えるアンドロイドが社会に一般的に浸透している近未来のデトロイトが舞台。
3体のアンドロイドを主人公として、それぞれの視点から物語が進んでいく。
人間の不条理なアンドロイドの扱いに、アンドロイドが人間に抵抗する事件が起こり始める。
人間と同様の権利を求め、主張を続けるアンドロイド。それを武力で鎮圧しようとする人間。

ぼくは、物語の終盤まで、ずっと対話で解決する選択肢を選び続けていました。
だけど、それでも武力で鎮圧しようとする人間たちの態度に耐えきれなくなり、ついに最後の最後に化学兵器を発動させてしまいました。
そのとき、ふだん武力に対して否定的な視点をもってニュースなどを見ている自分も、対話できないものには武力を行使する。という選択をしてしまったことに気が付いて、ショックをうけてしまったのです。
そんな人生初のUXをゲームから受けたという事にもとても驚きました。映画ですらそんな体験はしたことがなかったのです。
DETROITは、2018年のひとつの大きな記憶になりました。

さらに、特典で入っている映像は、本編の再編集などではなくて、完全なスピンオフ作品であり、それだけで有料としても充分に価値があるほど質が高いのです。
メイキング映像をみても、映画以上の狂気というか、ものづくりへのこだわりがあふれているのです。

とにかく驚きづくしのビッグタイトルなのでした。

HeavyRainもすごかったけど、DETROITはもっとすごかった。

今後、Quantic Dreamからはぜったいに目が離せませんね。

最後に少し欲を言えば、完全なハッピーエンドもつくってほしかったですね。
UNDERTALEのPルート、Gルートみたいな善・悪に完全に振り切ったラストがあってもよかったなあ。まぁ、それがないのが、徹底したリアリティということなんだろうけれど。□

 

f:id:massy:20181108013320j:plain

レジスタンス

絵を描くという行為は、なんだろうか。

音楽を奏でるという行為は、なんだろうか。

写真を撮るという行為は、なんだろうか。

ものをつくるという行為は、なんだろうか。

流れるように過ぎ去っていく時間たち。

なんとなく消えていってしまう時間への不安に対抗する手段。

それが、僕にとってのものをつくるという行為かも知れない。

忘れたくないけれど、忘れてしまうことがある。

忘れてほしくないけれど、忘れられてしまうことがある。

覚えておきたいけど、覚えきれないことがある。

そういうあがらえない無力さへの抵抗かもしれない。

何かを形に残すことによって、失われた時間を形に置き換えたのだと自分をはげますことができる。

忘れ去られてしまう自分の、なんらかの証を世界に残せたのだと自分をゆるすことができる。

なんだかきっとそういうプログラムによって僕は動かされているのだとおもっている。□

夢十夜 Season3 第六夜

こんな夢を見た。

そろそろ新しい100号の絵の制作にかかろうと思っている。

だが、以前部屋にあったはずのキャンバスがごっそりとなくなっている。
どこへ行ってしまったのだろう。
大して広い部屋でもない。なくなるはずがない。
そこに、来客があった。
父親と、彼の2人の息子だ。その父親がぼくの友人ということになるのだろうが、その男の顔に全く記憶はない。だが彼は、ぼくのことをよく知っているようで、気さくに話しかけてくる。
彼は、子供たちは今、奥で遊んでいるという。

「奥?」

そう思うや否や、廊下を走ってきた子供たちが、ぼくに挨拶をしながら部屋に飛び込んできた。
ぼくの家には「奥」などない。
リビングとアトリエの1LDKである。
彼らはどこから走ってきたのだろう。
そう思って廊下に出ると、なんと奥に廊下が伸びている。
そして、廊下をはさんで二つの大きな部屋がある。
向かって右は、トレーニングルームになっている。
ルームランナーや筋力トレーナーのような機械が20畳くらいの部屋に設置されている。
その部屋の奥は来客用の寝室も兼ねているようで、布団が何組か敷いてあった。
向かって左は、巨大なホールになっている。
30~40畳くらいはあるだろうか。小さな体育館のようだ。
壁はすべて巨大なガラス窓になっていて、窓の向こうはベランダになっている。
ベランダの向こうには、なんと巨大な桜が、今は秋だというのに満開に狂い咲きをしている。
ホールの広さと、窓から見える狂い咲きの桜が、あたかも巨大な1枚の絵のように目に飛び込んできて、その美しさに圧倒されている。
先ほど探していたキャンバスは、全てこのホールにあった。100号のキャンバスが20枚くらいある。
今日から絵画制作はこの部屋を使ってやったらいい。
もう猫の額のような6畳のアトリエで制作する必要なんて全くないのだ....!
少し前までそろそろ引っ越ししなくては、と思っていたが、そんな気持ちは一瞬で消え、すっかりこの部屋のとりこになってしまう。
もうどこにも行く必要なんてない。
この部屋で狂い咲きの桜を見ながら、ずうっと絵が描けるんだ。
そう思うとうれしくてたまらなくなり、そのしあわせをかみしめている。きっとすごい絵が描けるに違いないと確信している。
だがそれだけではない。さらに、ホールの奥は10畳くらいのセミナールームになっている。
その日も20名程度の研修生がそこで研修を受けている。
研修の案内をするコンパニオンがホールに3,4人立っていて、僕に会釈をしてくる。
やがて研修を終えた研修生が部屋から出てきたが、彼らは帰宅せずに研修を受けられたり、こんな広い部屋で絵画制作ができるぼくのことを羨望の目で見ながら帰って行くのだった。なんだか申し訳ないような気持ちにもなった。□

f:id:massy:20181109223210j:plain

トイレがどっかにいっちゃった。

今日の日本酒

富久長 ひやおろし 純米吟醸 秋櫻こすもす
広島県東広島市/株式会社今田酒造本店/8点)

富久長


日本酒に秋の旬があることをあまり知りませんでした。

ひやおろし」は、秋にしか飲めないお酒。
春先に出来上がった日本酒に1回火入れし、暑い夏の間涼しい蔵のなかで貯蔵、気温が下がってきた9月に外の気温と同じくらいで卸します。「常温(冷や)」のまま「卸す(おろす)」ため「ひやおろし」と呼ばれる。

ずらりとならぶ、ひやおろしコーナーから今年選んだ一本が「秋櫻」。
なんともフルーティ。そして初々しい爽やかさも兼ね備えています。
秋の味覚の一つにひやおろしも仲間入りです。ボジョレー飲むならひやおろしだ!!□

 

f:id:massy:20181029224455j:plain

f:id:massy:20181029224459j:plain

f:id:massy:20181029224507j:plain

i-Camera!i-Camera!i-Camera! [後編]

「まずは胃の活動を止める注射を打ちます。」

診察室に入るや否や、一本目の注射が肩に打ちこまれた。
しばらくベッドに横になっていてください。と指示を受け、ごろんと横になる。

病院は混んでいた。
胃腸の診察以外にリハビリ等の患者が次々とやってくる。
カーテンの向こうで年配者の診察を次々と片付けていく看護婦たちの声が聞こえる。
いつこっちにくるのだ。このまま来ないでほしい。否、そんなわけにもいくまい....。この待ち時間が長い。

院内のテレビでは「ふわふわ温卵入りスープカレーのレシピ」が楽しげに放映されている。これから胃カメラを飲むというのに、とても見ていられる内容ではない。

やがてそのときはやって来た。
看護婦が枕元にやってきて、並ぶ計器類にぱちぽちと電源を入れると、不気味な稼働音が聞こえてきた。
看護婦に渡されたペットボトルのキャップくらいの小さな容器に入れられた白い液体を一気に飲み干す。
バリウムを飲むときにも飲まされるような液体である。
次に渡されたのは、スプーン小さじ一杯分のどろどろとした液体である。
「喉の麻酔薬なので、ゆっくり飲んでください」と看護婦。
これがあのオエッ!を軽減する薬である。
効いてくれ!とすがるような思いで、ゆっくりゆっくり喉になじませながら飲んだ。
......しかし。麻酔らしい麻酔の効果があったような感じは全くない。
まさか、この状態で胃カメラ飲むのか!?

怯えていると看護婦が注射を持って現れた。
「検査のための血液をとりまーす」
本日二本目の注射が打たれ、血液を採取された。
「続いてもう一本いきます。ぼーっとするかも知れませんが薬のせいですよー」と言いながら三本目の注射が打ちこまれた。
さっきの喉の麻酔はほとんど聞いている様子は無い。この注射が頭をぼーっとさせて、カメラが入る違和感を打ち消してくれるのだろうと願った。
だが。注射を打った直後、まだ薬が効きだしてもいないような直後に「はいでは胃カメラ入れますよー」と検査は始まってしまったのであった.....!

うげえええええええええ。げろげろー。

胃カメラがスルスルと入ったなんて口コミは嘘です。
やはり胃カメラはしんどい。
ものすごい嘔吐感がなんども押し寄せてくる。
でも、これは喉の接触のせいではなくて、胃を膨らませるために入れられた空気が逆流しているだけだと後で知った。
終わってくれーと願うほどまでの時間もかからず、検査はあっけなく終わったのであった。

あとで改めて振り返ると、実はバリウム検査の方がしんどいかもしれない。
バリウムの、あの「げっぷを我慢した状態で、台の上で逆さ張りつけの刑」が続く時間の方が余程長いし、つらいのではないか。
勿論、カメラを飲むのは苦しいが、わずか1分程度で終わるのである。やはり胃カメラの方が楽なのかもしれない。

肝心の検査の結果は、さいわいにして、潰瘍もなし。ピロリ菌もなし。であった。

逆流性食道炎。ということになるらしい。

寝る前に食べないこと。

一度にたくさん食べず分けて食べること。

そんな指導を受け、500mlにおよぶ胃腸薬のボトルを3本かついで無事帰還した。

なにはともあれ、健康第一です。最近ますます心からそう思います。
体の調子を悪くすると、全く仕事に気持ちが向かって行かなくなって、どんどんふさぎ込んでいきます。みなさまもお体をくれぐれも大切に!

追伸。
自宅に戻ってから、さっきの三本目の注射が効いて頭がフラフラになりました。意味ないなあ...。□

 

f:id:massy:20181107233951j:plain

初公開!私の胃の中。胃の中の蛙。

i-Camera!i-Camera!i-Camera! [前編]

「逃げちゃだめだ。逃げちゃだめだ。逃げちゃだめだ.....!」

夏からずっと続く胃の不調が一向に良くならなくて、ついに胃腸科に行ったんです。
市販の薬も付け焼刃でしかなくて、せめてちゃんと効く薬でも処方してもらえれば。くらいのつもりで行ったんだけど、偶然なのか、患者は僕しか来ていなかった。

「今日は食事してきた?してないなら胃カメラ飲めるけど?」

「食事はしてきたんでしたっけ」

「今日、食事は...?」

僕一人ゆえか、医者だけでなく、看護婦にまで取り囲まれて、同じような質問をされまくりました。
どうやら医者だけでなく看護婦までもが、ぼくに胃カメラを飲ませたくて仕方がないようなんです。

さすがにこれだけ胃の不調が長引いているから、自分でもうすうす、本当の原因を調べるにはもう胃カメラしかないな。というところまで、追い詰められてもいたのです。言われたときは、やっぱりな......。という気持ちでした。

でも、やっぱり胃カメラはこわい。
口から太い管を飲み込むのですからね.....。
なんどもオエッとえづきながらカメラが胃の中でぐりぐり動き回るのです。
決断には勇気がいります。でも逃げている場合でもない.....。崖っぷちです。

実は、胃カメラは初めてではありません。
ただ、以前、受診したのは鼻から入れることが出来る経鼻胃カメラでした。
鼻から入れる胃カメラ喉ちんこの下を通らないから、経口胃カメラに比べて苦痛が少ないと聞いて、そちらを2回ほど実施したのでした。
でも2回目のとき、鼻からカメラが入らないとぶつぶつ言い出した医者は、「だめだ!」と叫ぶや否や、そのままスポン!と鼻から抜いた胃カメラを、麻酔もなくイキナリぼくの口につっこんできたことがあって、それがトラウマになったのでした。ゲロゲロどころではない。あれは拷問でした。胃カメラを扱う医者にも名医とヤブがあることを思い知ったのでした。

そんな事件があったことや、経鼻胃カメラは、時間がかかり、できる病院も限られているということで、やはりここで経口胃カメラデビューしとかなくちゃならんよなぁ....。と思ったのでした。

ネットで口コミを調べたところ、口コミは、言われているほどまでにゲロゲロではなくて、麻酔がしっかり効いて、ぼーっとしている間に終わってしまったというものが意外にも多かったのでした。
また、胃カメラを怖がって逃げ回っている自分や、管を口からいれられてゲロゲロになっている自分の映像を想像したときに、なんだかとてもマヌケでおかしく思えてきて、これはネタになる。と考えてしまったのでした。

たかが数分の検査。ぼくがこんな小さな町の片隅の病院でゲロゲロになっていようがいまいが、世界は軽々と回っちゃっているわけです。

そう気持ちを入れ替えてみると、もうなんでも笑い話になるし、笑い話にでもして聞いてもらわんことには勿体ないではないか。

....なんてことに思い至って、ようやく経口胃カメラの受診を覚悟したのでした。(つづく)

さて次回、飲むや、飲まざるや?□

真夜中の哲学

毎日なにか頭の中にあることを書き続ける。

簡単なようでいて意外と続けるのは難しい。

言葉があふれだす日もあれば、

言葉が全く出てこない日もある。

言葉が全く出てこなくても、なんとしても書かなくてはいけない。としたら。

そこに、アマチュアとプロフェッショナルの境界の入口があるのではないか。

どんなときでも続けるためには、無理をしても続けねばならない、という何らかの「使命」が必要になる。

誰かのため。

お金のため。

誇りのため。

名誉のため。

・・・・。

どんな理由であろうが、使命を燃やし続けるということ自体、実はなかなか難しくて、なかなか尊い

1週間くらいなら誰でも続けられるかもしれない。けれど、10年間となると誰でもというわけにはいかない。

続けられる人というのは、自分の考え方や健康、そして周囲の環境など、日々刻々と変わっていくものに対し、永続的に続けて行けるよう、変化を受け止め柔軟にやりかたを変えて、微調整を図っていくことができるのだろう。

使命を持ち続けるということと、その継続のための調整能力のことを、世の中では「才能」とか呼んでいるのではないだろうか。

調整能力があるかどうかということ自体、長く続けている人にしかみえてこないので、継続=才能ということになるのだろう。

そうなると、ブログを続けるということは、自分に才能があるかどうかを証明する途中の状態ということになる。そしてそれは証明完了となることはないのである。

仮にぼくが死ぬときまでこのブログが続いていたとしたら、ぼくが死んだ後に「増田力也はブログの才能があった」ということになるのでしょう。

天才って、証明はできないものなのだろうか。なんだか眠れなくなりそうなので続きはまた後日。□