問題集

 

問「リーダーシップとは(   )の数で決まる」

( )には何が入るか?

 

「コミュニケーション」の数?
「飲み仲間」の数?
「友人」の数?
「失敗」の数?
.......など、様々な解答案が出る中、

僕の答えは即答、

「彼を嫌う人間」の数。なのだった。

先日、韓国のムンジェイン大統領の年頭所信表明を
テレビで観ていたんだけど、
どっちつかずの初心表明を聞いて、
「彼は本当にいい人なんだなぁ」と感じたのだった。
同時に「彼には大統領は厳しいだろうなぁ」とも
感じたのだった。

いい人がリーダーでいるのは、厳しかろうと思うのです。

複雑な問題が絡む現代の問題で、すべての要望に応える
ことは決してできない。
リーダーとは、絶対にぶれない1つの信念があって、
たとえ敵を作っても歯牙にもかけず、信念を決して
曲げず貫き通す。という素養が必須だと思うのです。
だからこそ、その信念に合意できない人は、
彼を敵とみなし糾弾するわけです。
それでも、その信念だけは絶対に曲げない。
その強さにこそ支持が集まるのだと思うのです。

翻って、サラリーマンの世界では、
宴会で上司の悪口が肴になったりするわけなんだけど、
悪口を言われるのは、上司としての宿命であり、
悪口を言われるような人間だからこそ、上司になれた、
とも言えるのだと思うのです。

一部の人間に嫌われようが、絶対に曲げない信念を
貫き通す強さがある、という点を認められて、
彼らは上司になれたのだと思うのです。

リーダーとは嫌われることのできる人間だと思います。

僕にはリーダーシップはありません。
「嫌われ者」になることに耐えられないのです。
ムンジェイン大統領も「嫌われ者」になれない、
人だと思うのです。
だからこそ、世界と国民に挟まれ八方美人でいることに
シンパシーを感じたのでしょう。

ムンジェイン大統領、耐えてください。

僕にはリーダーシップはないけれど、
創造へのゆるぎない信念は、もっと欲しかったなぁ。□

 

追伸:
ちなみにこの問の語録を謳ったイギリスの企業家、
ピーター・セージの答は「育てたリーダー」の数。
だそうです。そうかなぁ?

足下を掘る。

他人の作った様式は、決して自分のものにはならない。

他人の作った様式を、自分のものにしようとしても、
それはすぐにめっきのように剥がれてしまう。

「他人の作った様式」を取り入れるのではなくて、
「他人の作った様式から受けた感動」を取り入れるべきだ。

僕らはその感動をもとに、
自分の様式を自分で作り出さないといけない。

他人の中ではなく自分の中を素直に見つめるしかない。
他人が見たことを受け売りするのではなく、
自分が見たことを表現していくしかないと思うのです。□

豊かさってなんだ?

小さな魚が、中くらいの魚に食べられ、
中くらいの魚が、大きな魚に食べられ、
大きさな魚が、巨大な魚に食べられる。

豊かさってなんだろう。

かつて、5分かかっていた仕事が、
1分でできるようになったけれど、
そのおかげで生み出された4分に、
また次の仕事が詰め込まれている。
やがて、4分かかっていた仕事が、
1分でできるようになると、
新たに生み出された3分に、
また次の仕事が詰め込まれていく。

5分で1個の仕事をこなしていた僕たちは、
5分で100個の仕事をこなせるようになる
のかもしれない。
これが僕らが夢見た「豊かさ」なのかなぁ。
なんだか僕は苦しくて苦しくて仕様がない。

どこかでこの「苦しみの豊かさ」を
断ち切らないといけないような気がします。
僕はそろそろこのスパイラルから離脱したい
と考えています。
もう僕は今のままで充分、豊かなのですから。
1ヵ月100枚描ける人はがんばってほしい。
でも僕は1年にたった1枚でもいいと思います。
寡作でも未来に残る祈りを描き切りたいと思います。□

小さな本屋と小さな酒店。

近所にある小さな書店が好きだ。
小さくて狭い書店だが、それだからこそ、
どういった本をどのように並べるかを、
いつも真剣に考え、工夫しているように思う。
映画化で話題の書籍とその関連書籍が並べられ、
トレンドに気付かせてくれることがあったり、
季節等に合わせた読書の提案もしてくれたりもする。
こんな本があったのかと思わず手に取ってしまう
こともある。

同じく東京に帰省した時に必ず足を運ぶ、
はせがわ酒店@東京駅グランスタ。
こちらも小さなお店でありながら、
銘柄が厳選されていて、いつもいいお酒が見つかる。

広い空間でもって、これでもか!とすべての商品を並べて、
選択できるようにするというのも豊かなやりかただと思うけれど、
僕は制約を武器にして上手に工夫して魅せてくれるお店が好きです。

小さいとか。狭いとか、時間が無いとか。お金が無いとか。
そういう制約があって初めて仕事って生きてくるんじゃないかなぁ。
と思うのです。□

今日の日本酒

新政No.6 X-Type
秋田県秋田市/新雅酒造株式会社/8点)

新政酒造株式会社オフィシャルサイト


僕にとっての日本酒ブームに火をつけてくれた新政。
その頂点に君臨するといわれているNo.6のX-Type
どうしても、どうしても期待値をあげてしまう。
確かに美味しいです。
ぱっと甘さが広がって小さな辛さと共に収束していく。
だけど、そのあとに更なるこだまのように響き続ける
ようなものまでも欲張って求めてしまう自分がいた。
酒そのものだけでなくて言葉や思い込みでも味が
変わってきてしまうのですね。
中立的な気持ちでお酒と対峙するようにしたいものです。□

 

f:id:massy:20171231191757j:plain

熊谷守一展にて

急いではいけない。
ねらってはいけない。
やりすぎてはいけない。
ただつづけて、待ち続ける。
様式はその果てに向こうからやってくる。□

旅の目的

旅をする。

家族と行く旅。

親友と行く旅。

異性と行く旅。

一人で行く旅。

旅は、誰と行くかで目的が全く変わってくる。
それぞれの旅には、それぞれの目的があって、
それらの目的は決して競合しえないように思う。

例えば、
家族と行く旅であるなら、
家族とゆっくりすごし、忙しくしない。
一人で行く旅であるなら、
旅先にある貴重な文化遺産や建築を訪れ、
それらに数日をかけ対峙し沈思黙考する。

家族や親友と行く旅に、自分の趣味をねじ込んで
旅をつぶさせてしまうことは、決してできないし、
一人旅で、リゾートホテルに逃げ込むなんてできない。
家族との旅は、絶対に家族とでなくてはいけないし、
一人での旅は、絶対に一人でなくてはらない。

逆に、旅で何をするか。何をしたいか。
そこから誰と行くかを決めるやりかたもあるかもしれない。

僕にとって、
旅は次の創造につながる「種まき」のようなものです。
旅の目的は、履き違えないようにしないといけない。□