土用の豚

職場の後輩が、結婚して二人で僕の個展に来てくれました。

彼女はイスラム教徒で、結婚するにあたって旦那さんもイスラム教に入信しなくてはらないとのことでした。
イスラム教では、飲酒は禁じられています。
豚肉を食べることも禁じられています。
旦那さんはものすごい決断をされたものだなぁと思い、いろいろお話を聞きました。

「とんかつが食べられなくなることに未練はないの?」

「はい。最後に巷で最も美味いといわれるとんかつ屋に行きましたが、それほど美味いと感じなかったので、未練はありません!」

.........愛の力ってのは本当にすごいものだと感心してしまったのですが、僕はとんかつは、卒業できません!(笑)

まず「とんかつ」という響きから好きである。
「ぶたかつ」と言わずに「とんかつ」というその音が、ちょっとユーモラスでかわいらしいではないか。
山盛りのキャベツが乗ったお皿に、揚げたての厚いとんかつが乗せられ、ごはんと豚汁と共に運ばれてくるあのわくわく感。そしてサクサクと歯ごたえのある上質な肉をほおばるあの至福感。

雑誌BRUTUSでは、かつて1冊まるごと特集を組んでしまったほどの日本文化なのですよ、とんかつってやつは。
チキンカツでも、牛カツでもまるごと1冊にはなりませんよ。やっぱり、かつの王様はとんかつなのです。

No Tonkatsu, No Life.なのです。

f:id:massy:20180810002729j:plain

と言う僕も、年中食べているわけではありません。
中華以上、鰻・鮨未満くらい。の頻度かな。ちょっと特別なときに食べたくなります。そろそろとんかつでも食べたいなと思っていたころ、先日802のゲストでししゃもがとんかつを食べていた。(ししゃもがとんかつ?!ミュージシャンですよ)
ということで行ってみようと足を運んだのは、大阪でも屈指のとんかつの名店「ますいや」である。


20:00を回っているのに店内は次々とお客さんがやってくる。人気店でした。

カウンターに席をとり、目移りするメニューをじっと眺め、ロースかつとごはん中を注文しました。

f:id:massy:20180809200119j:plain


感想は、といえば、もうね。上記のとおりですよ。るんるんですよ。
キャベツはやまもり、肉はサクサク。満足まんぞうなのでした。

いろいろネットを調べたらまだまだとんかつの名店はあふれています。

日本一のとんかつの名店を求め、ぼくのとんかつ行脚の旅は続くのです。
ごちそうさまでしたー!□

ノン!

以前、スペインを旅したときのことです。
初めてのスペインだったから、僕は浮かれていて見るものすべてにびっくりしていたんだけど、宿泊したホテルにも、またびっくりして。部屋は広いし、綺麗だし、泊まったことのないリゾートホテルでした。
だけど、しばらくすると一緒に行った友人が「部屋を変えてもらおう」といいだしました。
窓からの景色が悪い。というのです。
確かに、窓からの景色は隣のホテルのビルの壁しか見えませんでした。
僕は、スペインに来ただけで大喜びだったのでそこまで見えていなかったのでした。
彼はすぐにフロントに、部屋を変えてもらう交渉に出て行きました。
やがて、部屋を変えてもらえることになった。といって、彼が戻ってきました。
変えてもらった部屋は最上階に近い、バルセロナの市街が広々と見える素晴らしい部屋でした。僕はまたびっくりしてしまったのでした。


自分の大切なもの、こだわりに対して彼はすぐに行動をしました。


日本人だからか、性格だからか、多くのことを妥協しているように思います。
仕方がない。主張をして嫌われるよりも、今ちょっと自分が我慢したら済む。
そんな動き方をして、ときには損をしていることもあるように思います。
岡本太郎画伯は「まずNONだ!」といいました。目の前の全てをまず疑い、否定するところから入れと。
嫌なことも口にしない限り、ずっと嫌なままなのです。
親友であれば曇った顔をしている自分のことを読んで、気を遣ってくれるかもしれないけれど、多くの人は人の気持ちなんぞは読んでくれません。エスパーでも無いですし。

あのときの彼の姿があれから10年以上が経った今になっても時折、思い出されるのです。

言葉にすれば何かしら世界は変わる。変えたいのならば、まずはNONだ!

自分の生き方を時折は棚卸ししてみてはどうか。と自分に投げかけています。□

差。

 

「前の歯科衛生士が退職しましたので、今回から私が対応します」

 

歯医者に行くと、新しい歯科衛生士の女の子が挨拶をした。
新しい歯科衛生士が僕の歯を観てくれることになりました。


この子がね、とてもよかったのです♪

 

悪口を書くつもりはないのですが、思えば前回までの歯科衛生士の女の子は、毎回かなりつらそうな顔をしていました。
おそらくやめる直前、本当に歯科衛生士の仕事がつらくて仕方がなかったのではないか。
毎回、ちょっと疲れたような顔をして僕を迎え入れました。
歯の掃除をしてくれるのですが、実は痛くて仕方がなかった。そして、うがいをすれば血みどろです。
歯の磨き方のレッスンでは「もっと強く磨いて!」と言われましたが、以前別の歯医者には「強く磨きすぎると歯茎が後退して歯の根が出てきてしまうので優しく」と言われていたので、あれ?と思ったりもしていました。

そんな彼女がやめて、今回新しい歯科衛生士の女の子が僕の担当になったのですが、この子が、すこぶる良いのです。

同じ掃除をしてもらっても、一つも痛くはありません。歯石をとり、歯磨きをして、フッ素をつけてくれ、とても丁寧に磨いてくれました。
血が出るのです。と相談したら「最初は出てしまうかもしれませんが丁寧に磨けば歯茎がよくなって止まって来るので優しく根気よく磨いてください」と優しく丁寧な指導をしてくれました。
奥歯が磨きにくいのです。といったら「口を閉じながら磨くとうまくいきますよ」と教えてくれた後に、にこにこしながら奥歯専用の歯ブラシをくれました。
歯の磨き方については、やはり「強く磨いてはいけません、このくらいの力です」と実際に磨いて見せてくれました。
最後は対話するのが楽しくなっていました。

彼女はたぶん、歯科衛生士の仕事を本当に楽しく思っていて、患者の歯が自分の指導でよくなっていくことを心から願っているように感じました。
僕は、いつもそんな人に圧倒されてしまう(7/28のブログにも書きましたが)。

仕事を心から楽しめる。というのは才能だと思います。

僕は仕事を心から楽しめているか?こういう輝く人に出会うたびに、自問せずにいられません。
自分も彼女のように仕事を楽しんで輝いて、周りの人を楽しくさせるような仕事の仕方をしたいものです。いつどこにいっても勉強です。

あー、次回の歯医者が楽しみだぜっ。□

総合力

だいぶ前のこと、職場の新人歓迎会があったときのことです。

その時は、偶然アメリカのビジネスパートナーたちが来日していて、折角だから。と新人の3名に加えて急遽、彼らも新人歓迎会に参加することになりました。
僕は司会を担当していたんだけど、恒例の新人の挨拶(かくし芸)が終わった後、では次はアメリカから来たパートナーたちにも自己紹介してもらおう!という流れになりました。

「おい司会、自己紹介してくれと英語でお願いしてみい!」

僕は英語ができません。(C言語なら多少たしなみますが.....www)
そのとき、これまた偶然にも幹事メンバーの中に、TOEIC満点の男がいたのです。
じゃあ、彼に頼もう。と彼に救いを求めるべく、泳ぐ目を彼に向けた時、

 

彼は、さっと目をそらしたのでした.....。

 

結局、目を泳がせていた僕を所長が助けてくれて、宴はしらけずに、なんとか彼らからも自己紹介してもらうことが出来たのでした。

いくらTOEICが満点であっても、人前で話すのができなかったら、そのスキルは全く活きてきません。
同じようなことはいろいろあります。
技術力は高いけれど、打ち合わせを開いて何かを調整したり決定したりすることが出来ない人。声は大きいけれど、話に説得力が無い人、攻撃は得意だけれど、防御ができない人.....。
僕もできないことはたくさんあります。
人それぞれ得意があって、不得意がある。僕らはその欠点を補い合って生きているという事を忘れないでいたいですね。
ほんとうの自分の価値なんてものは、自分では見えず、他人だけが見えているのだと思います。
自分は何もできない、いつも皆に助けてもらっている。というくらいでいるのがいいのだと思います。

究極は「総合力」だと思います。
TOEIC満点とって、司会もできる。技術力が高くて、調整もできる。声が大きくて、話も堅牢である。攻撃ができて、防御もできる。
さらにそれらすべてができる。
そんな総合力のある人が社会の中で、大きな役割を担っていくのだと感じます。

はぁ~、総合力が欲しい........。でも総合力は、なかなか難しい。

せめては自分の強みが、自分の弱みで打ち消されることが無いくらいには、鍛えておきたいものだと思います。□

夢十夜 Season3 第二夜

こんな夢を見た。

実家で父が、セミの幼虫を捕まえたと言って、実家の家の中に放した。
まだ土の中に3~4年はいなくてはならないのではないか、というほど小さい。
その幼虫が居間の柱に上り、よちよちと居間を一周している。
やがて姿を見失ったと思ったら、いつのまにか下に降りていたのだが、見るとセミの幼虫ではなくなっていて、マイマイカブリになっていた。
今度はマイマイカブリが居間をぐるぐる回っている。僕はそれを追いかけていたが、やがてまたも見失った。
外に行ったかと思い、玄関を出ると、目の前に玉虫が一匹いた。
玉虫は神々しく輝いていて、とっさに捕まえ、そして虫かごに入れた。
興奮した僕は、二階にいる父と母に玉虫を捕まえたことを報告して、玉虫を見せた。
生きた玉虫をみられるなんて本当に久しぶりだ。と全員が湧いている。□

f:id:massy:20180807232625p:plain

祭りのまえ

いよいよ夏休みに入ります。

目の前に広がる「自由」という名の数日間。

凪いだ静かな大海原をながめるようなこの豊かな時間。

お祭りってのは、カウントダウンのこの時間が一番しあわせだよなぁ。

始まってしまうと、いつもあれやこれやと流れて行って、気付けば「はい、終わり!」となってしまうからね。
これから始まるこの数日間を思い、ビール片手にじっと計画を立てています。楽しい夏になるといい。

夏休みには本をたくさん読みたいなぁ~。ということでこの夏の課題図書はこれ!

 

f:id:massy:20180809234612j:plain

▲「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」村上春樹

 

f:id:massy:20180810110224j:plain

▲「補陀落渡海記」井上靖

 

f:id:massy:20180809234653j:plain

▲「ピコピコ少年 全3巻」押切蓮介

 

f:id:massy:20180805011220j:plain

▲「ほぼ日の怪談」ほぼ日文庫

 

f:id:massy:20180809234728j:plain

▲「怪談牡丹灯籠」三遊亭円朝

 

心なしか怪談が多いのは、猛暑の夏の恒例ということで。
補陀落渡海記も怪談です)

では、みなさまも楽しい夏をお過ごしくださいませ!!□

今日の語録

「これはぼくにとって一世一代のチャンスなんだ。
 こんな平凡なぼくに、こんなチャンスが巡ることなんて
 二度と無いんだ。
 人生かけても惜しくない。
 すみちゃんは愛しいし、かのちゃんはかわいすぎる。
 それで自分がいっぱいになる。それで自分は終わる。
 僕はこの映画を成功させたい。これ一本で終わりたくない。
 映画監督なんて何万人の人が憧れて一人しかないれないような
 特別なものになるには
 ふつうのしあわせの場所にいたらだめだと思う。
 僕はだめだと思う。
 余程、力のある人は両方を人生において持てるだろうと思う。
 僕は、無理だ。」

 (「半分、青い」第18週 帰りたい 森山涼次)