読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反作用の力

今、目の前にあるS100号の油彩2点を9月末までに

完成させなくてはならない。

もう1.5ヶ月もない.....。

毎年恒例とはいえ何度繰り返しても追い詰められる。

僕には学習能力がないのだろうか.....。

否否。クリエイティビティはコンスタントな方法論で

ひねり出せるものではない。

生み出すことの苦しみは未来永劫続いていくのである。

そして追い詰められるといつも「反作用の力」が働く。

 

目の前にある最優先の仕事から逃げ出して、

括弧にくくって先延ばししていた優先度の低い仕事を

引っ張り出して大真面目にやりはじめるのである....。

 

試験直前の学生が掃除を始める。というような力だ。

 

目の前の100号の構成に悩み、もがいているときに限って

次の絵の構想が湧き出てしまうことがある。

あるいはもう大作はこりごりだ。と思うほど、突如、

小さな絵の構成が次々と沸いてきてしまうのである。

 

これはつまり、人間の弱さなのでしょう。

 

でもこの反作用の力は中々あなどりがたいものです。

嫌な仕事Aから逃げ出すために生み出された力で

次の仕事Bが進むのであれば、もっと嫌な仕事Cに

向き合って生み出された反作用の力で仕事Aが

はかどったりはしないのだろうか.............!?。

 

ばかですねぇ。

いつもいつも目の前の仕事から逃げるための空論です。

 

.......いいかげんとっとと100号描けや(.....Endless)。□