読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へそ曲がリズム

ポケモンGOやってる人は手を上げて!」

職場の宴会の席のことである。

所長が尋ねると、50人中8~9割くらいの手が
さッとあがった。

なんだこの騒ぎは。

近年稀にみる盛り上がりだ。

20年以上にも亘って積み上げらげられてきた
ポケモンというキャラクターの魅力に、
現代を象徴するスマホとARの技術が融合して、
稀有な社会的センセーションが創造された。

一企業の作ったゲームに国までもが指導をする
というあり様で、実際に危惧されていた事件も
そこここに発生しているようだ。


ゲームは大好きだ。僕もやってみたい。興味がある。


だが、だからこそ自分は「やらない」を選択したい。


「僕、やってるよ」「私やってます」「俺やってる」
と皆が口々にいう中であえて「僕はやっていません」
と宣言することによる「波紋」。それを楽しみたいのです。

自分を中和的な存在としていたい。という感じもあります。

世界のムーブメントとは正反対の方向に自分を置くことで、
何か新しい会話や反響や話題が生み出されるように感じる。

ゲームそのものの話題よりも、僕はそういう二次創造的な
「言葉」や「空気」を作りだしたいのだと思います。

あえて今もガラケーを使い続けるのもそんなことなのかもしれません。

へそ曲がりなのだろうか、僕。

でもなんとなくでも伝わりませんかね。この気持ち。へそ曲がリズム。□