読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本物は本物。

真っ暗な住宅街にぽつりと現れた居酒屋。

........またか。

ついこの前まではラーメン屋だった。

その前はカフェだったか。

大通りからやや入り込んだ住宅街の一角。

周りには店舗はほとんどない。人通りもない。

多くの人が気付かずに前を通り過ぎてしまう程の立地だ。

この店舗に入る店は次々と閉店していってしまう。

前を通るたびに店が入れ替わっているような気がする。

気がするのではなくて、事実である。

そんな場所にまたも開店した居酒屋。いつまで続くことやら....。

 

......と思っていたのだが。

 

この店についてはいつもと違うようだった。

すぐにも閉店するものかと思っていたのだが、

それどころか日に日に店内に客が増えていくのだった。

調べてみると店長は40年にわたり板前を続けていた方らしく、

満を持しての独立開店ということであるようだった。

 

そんなお店についに足を運んだのだった。

 

..........うまいじゃん。

 

本物の仕事であった。

 

お店には次々とお客さんが入りほぼカウンター席は満席の

状態が続いていた。

 

どこにいようとも、仕事が本物であれば、世界は放っておかない。

どこにいようとも、仕事が偽物であれば、世界に見捨てられてしまうのである。

 

本物の仕事をしたい。そんなことを考えながら最高のお酒をいただいた。□