読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文化の日

写真はどこまでも真実を守ることで、
絵画の抽象化とは違った道を進むものである。
単なる写実ではなく、対象をどのように感じ、
どのように強く受け入れるかということだ。
そこに何か本当に作者が闘っている姿が無ければならない。

(写真家・木村伊兵衛

 

~「昭和という時代 木村伊兵衛展」
   @ 何必館京都現代美術館にて~