読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうだ、喧嘩しよう。

喧嘩をしよう。喧嘩してもいい仕事をしよう。
前々からそんなことを言われ続けてきました。
でも喧嘩なんて誰かに言われてするものでは
無いのです。
自分にとって、どうしても譲れないこと。
自分にとって、どうしても大切なこと。
そんなことが自分の中に芽生え、
それが第三者より侵害されたとき。
初めてそれが自分の声となり、喧嘩が起こる。

喧嘩ができること。

これはいわば才能なのかもしれない。
自分がどうしても大切に思うことが無い人は
喧嘩は一生できない。
大切なものを持てる、という事も才能なんだ。

今日、アトリエで師匠と大喧嘩をしました。
できるかぎり、喧嘩はしたくはなかった。
でもどうしても喧嘩しなくてはならなかった。
僕は制作をしたい。師匠も制作をしたい。
要するに、場所の取り合いでした。
酒を飲みながら喧嘩をしました。
やがて、譲歩する案がうまれた。
遊休の空間をうまく使いながら、互いに干渉
しないやり方で運用しようという結論でした。
こうして僕らは、喧嘩によって建設的な前進を
手に入れたのでした。
人と人が共に生きていくためには必ず摩擦が
起こるものです。ゆえに、一側面の現象だけで
結論を決めず議論する。議論し尽くす。そして
前向きな解決策を探っていく。これこそが大人
の喧嘩の意義であり、極意だと思うのです。

みんな、喧嘩をしようぜ。前に進んでいこうぜ。

喧嘩万歳。□