読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の日本酒

坤滴 純米酒
(京都・伏見区/東山酒造有限会社/評価:7点)

「坤滴」東山酒造有限会社|酒蔵・蔵元紹介|伏見酒造組合

柳家喬太郎の前衛的な落語が好きだった兄が、
長い間聞いていたらやっぱり柳家さん喬がいい。
とつぶやいていた。
古典をたんたんと静かに。それでいて力強く語る。
それがじわじわと効いてくるのだそうである。

坤滴(こんてき)。
この酒を飲んだ時そんな話を思い出した。
いわば古典落語のような酒なのです。
長くじっくりと沁みてきます。京都らしいお酒です。
昨年の個展で関係者からお祝いにいただきました。感謝。

【薀蓄】
「坤」という字は「土」+「申」で地下に向けて伸びる様、
すなわち大地を意味する。その大地から生まれた米から
造られる一滴の酒ということで「滴」を付け名付けられた、
という。□

 

f:id:massy:20170226012032j:plain

f:id:massy:20170226012045j:plain

f:id:massy:20170226012113j:plain

f:id:massy:20170226012133j:plain