読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイデアとは?

 

ほぼ日サイトの記事:「任天堂の岩田社長があそびにきたので。」
https://www.1101.com/iwata/

 

任天堂・岩田社長と糸井重里氏の大変素晴らしい対談記事である。

 

この中に「アイデアとはなにか」というパートがあって、二人は
スーパーマリオ等、数々の名作を生み出した宮本茂氏について
語っている。

 

「アイデアというのは、
 複数の問題を一気に解決するものである」

 

詳しくは記事を読んでほしいのだが、要約すると、

ものづくりをするにあたり、
1つの課題を解決しようとすると、もう1つ別の課題が出てしまう。
そしてそれを解決しようとするとまた1つ別の課題が出てきてしまう。
だが、それら課題を全ていっぺんに解決するのが「アイデア」である。
...........というのである。

大変美しい定義である。

そして、そのアイデアの結晶がいわずと知れた宮本茂氏のあの優れた
作品たちなのである。

 


少し前に、サバ専門の居酒屋というところで飲む機会があった。

カウンターに座りメニューを眺めると、確かに「サバ専門」である。

サバ料理しかない。

刺身、焼き物、煮物から始まり、世界の調理方法による

世界のサバ料理まで楽しめる。実においしいお店であった。

女の子だけのグループや年配の人も次々と入店してきていて、

老若男女のファンをつかんでいる。

僕はこの店のコンセプトの完成度に唸ってしまったのであった。


1.サバが健康に良いという宣伝効果で、お客さんが訪れ満足している。

2.料理をサバだけに絞ったことで、お客さんも長居はせず回転が速い。

3.扱っているのはサバのみだから、在庫食材の問題を軽量化している。


お客さんに喜んでほしい。

お客さんの回転を速くしたい。

なるべく管理する食材を減らしたい。


この店はまさにこれら複数の課題を同時に解決するコンセプトを考えだし、
実践し、見事に成功していたのである。
この店はまさに、宮本茂氏の定義する「アイデア」そのものなのであった。


現代はモノやサービスが溢れ、次の商品を打ち出すのが困難な時代では

あるけれど。

いつの時代であってもアイデアは氷山の中に必ず埋まっているのである。

それをどれだけしつこく、しつこく追いかけ、考え、想い続けられるか。

そこに成功のチャンスはあるのではないか。

うまいサバに元気をもらい、自分も新たなお客様満足のアイデアへの

拘りをもって、ものづくりに臨みたいと改めて感じたのであった。□