読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コート・ドール

 

「調理上という戦場」斉須政雄著。

 

名門フランス料理店コート・ドール。

その料理長斉須政雄氏の戦いの日日が

記録されている。

料理を通じながらも料理に限定されない

「仕事」のエッセンスがつまっている。

「仕事」への取り組み方を学ぶことのできる

名著である。

 

本書を読んでから、いつしかこのお店に行って

みたいと思っていた。

こんな強い哲学を実践している料理長が実際に

どんな料理をするのかを味わっておきたかった。

そしてこの日、ついにその願いが叶ったのだった。

 

おいしい。どの料理の完成度の高さもさることながら、

店内の空間、店員の一人一人にまで沁み込んだ緊張感、

きびんで豊かな接客。なにもかもがとがっている。

それでいて店全体が現状に満足しない動きを伴っている。

 

世界ってものは、ほんとうに広くて深くて堅牢だ。

自分の仕事のいかに浅はかであることか、を思い知る。

このような世界の最前線のとがった仕事を常に頭の片隅で

意識していたい。

この緊張感を共有させてもらって自らを戒め、仕事を一層

尖らせていきたい。

そしていつかは自分の仕事がまわりを尖らせる

ようにしていきたい。

そんなことを教えてもらった。

次回はもっと大きな成果を出したその日に訪れたい。

必ず。それを目標に明日からまた仕事をがんばるのだ。□

 

f:id:massy:20161012210155j:plain